読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

はやぶさ…

鉄道 言葉 地域

先ほどの記事から、もう一つ。

 

はやぶさ」号と言えば、東京から仙台、盛岡、新青森を通って、新函館北斗までを結ぶ新幹線ですが…

 

ちょっと前までは、東京から東海道本線山陽本線鹿児島本線を通って、熊本へ至る寝台特急列車でした。

この列車、長らくの間、さらに先の西鹿児島発着で。

由来は「薩摩隼人」。

鹿児島出身の男性の古称で、ハヤブサのような人、との意味もあったようです。

 

今の新幹線「はやぶさ」は公募で、「はつね」らを抑えてトップ、スピード感から命名されたそうですが、鹿児島に縁のある者としては、九州で使って欲しかったですけどね。

 

…まぁ、JR九州には仁義を切ったそうですが。

 

探査機の「はやぶさ」を思い浮かべる方も、いらっしゃるでしょう。

小惑星の「イトカワ」に会いに、数々のトラブルに見舞われながら、想定よりもはるかに長い時間の飛行を続け、ついには採取したサンプルを届け、大気圏に散っていきました。

感動のドラマで、映画にもなりましたよね。

 

こちらの由来もいろいろ言われましたが、小惑星に一瞬だけ着陸して、サンプルを採取して離脱する様を、俊敏なハヤブサに見立てて命名したんだそうです。

 

ちなみにこちらは、「はやぶさ2

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161122004201j:plain

小惑星リュウグウ」を目指して、現在飛行中です。

「カメ」や「ウラシマ」じゃないのね…。

 

リュウグウ」到達は2018年頃、2020年頃に帰還する予定だそうです。

合い言葉は、

 

「ドラマは、もう必要ない!」

 

無事の任務遂行を、祈ってます。