読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

1995年の記憶…

当時23歳。

昨年10月にハッとして、卒業研究を再開した結果、何とか卒業はなりました。

式には、行かなかったけど。

行きたくも、なかった。

 

でも、職があるわけではありません。

アルバイトでずっと食べていけるわけでもなく。

 

公務員試験を受けようと思いました。

当時の「郵政事務B」

 

郵政事務Aはいわゆる小さな郵便局で、窓口業務をする職群。

郵政事務Bは大きな郵便局で、窓口や仕分け、書留などの処理を行う職群です。

早番、遅番、局によっては泊まりもあります。

 

本当を言うと、高卒レベルの人が受ける職種ではありました。

でも、就職浪人でそんなことは言ってられないのと、大卒程度の職群だと、役所(郵政局)での事務や、営業に近いこともやらなければならないので、“多分無理でしょ”って判断もありました。

 

受けるのは関東。

実家ともども、関東に引き揚げるという話も合ったので、関東にしました。

 

で、試験勉強。

アルバイトも続けながら。

多分、人生で一番、ストイックな生活を送りました。

食べる量も、だいぶ落としたんじゃないかな?

やせようと思って、夕食を食べなかったり。

体重は今の、3/4??

 

今では考えられないほど、自分を追い込んだ生活をしてました。

 

結果、一次試験はパス。

二次試験の面接では、面接官は松本局の副局長!!

そんなこともあったのか?

二次試験も合格通知が来ました。

 

ほっとしたのか、年の終盤はかなり生活を緩めました。

相当、無理に無理を重ねていたようです。

まぁ、人生にそんな時期も、あっていいとは思います。

 

 

次の年は、こちら
kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

前の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp