読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

1978年の記憶…

お店・施設 記憶 周りの人 自分

前の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

当時6歳。

晴れて小学生になりました。

この年か、前の年かは忘れましたが、ランドセルももらってね♪

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20161116002857j:plain

手渡してくれたのは、会社の名誉会長。

全社員の子供が小学校へ上がると、お祝いにランドセルをプレゼントしてくれたのでした。

 

その小学校は、新しい家の、すぐ近く。

学校自体、建てられたばかりで、僕たちは2期生らしいです。

 

その学校ですが…、

あまり楽しい思い出がなくて。

先生があまりいい先生じゃなかった。

いつも不機嫌で、怒っていて。

「1年1組が一番下手!」が、口癖でした。

そのくせ、自分のミスは棚に上げて、逆ギレ!

少なくとも、僕には合わなかったな…。

 

そう言えば、入学当初は髪が長かったんです。

おかっぱみたいに。

そしたら記念写真を撮るときに、他の組の先生が間違えて、僕を女の子の列に入れてしまった!

僕もいい気はしなかったけど、母がショックを受けた??

以来、髪は短く刈られるようになりました…。

 

こんなことも。

当時はそこかしこに砂利道や、どぶ川が残っていました。

学校帰り、どぶ川の縁にしゃがんで、下をのぞき込んだら…、

 

なんと、ランドセルのフタが開いて、中身がバッシャーン!!

留め金のロックをかけるのを忘れたらしいんです。

おかげで1年間、カピカピになった教科書で勉強する、残念な授業になってしまいました…。

 

当時、住んでいた草加市は、住宅都市として発展しつつあるも、僕のいた辺境部は、まだまだ田んぼが多かった。

自宅からバス通りを中学校まで、よくランニングをしましたが、見渡す限り田んぼだった記憶があります。

今はすっかり住宅地。変わったもんです。

 

次の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp