読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

2000年の記憶…

当時28歳。

ノストラダムス、敗れたり~(笑)

 

この年の旅行は、わざわざ大阪へ振って、北海道へ。

移動距離が長いのは、この頃からですね…。

当時の大阪ドームでホークス戦観戦!

最後までは見られなかったけど、当時の絶対的な抑え・ペドラザ投手に託して、飛行機に。

稚内の野寒布岬と、根室納沙布岬を、同時にめぐっています。

 稚内は“ノシャップ”岬

 根室は“ノサップ”岬ですよ。

原生花園も、きれいでしたね。

 

鉄的、って言うか交通的にも色々ネタがあって。

今はなき、東日本フェリーの青函航路。 

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170430132604j:plain

 

この「UNICORN」って船は、かなり速い船だったらしくて、船では珍しい「急行便」に入っていました。

 

本当に、前の船を抜くんですよ!

 

前の船が横向きになったところを、その脇をスイスイ!

なかなかできない体験でしたよ♪

 

帰りの新幹線は、わざわざビュッフェ付きの車両を選んで。

でも、印象に残ってないのは、営業休止だったのかな?

 

 

この頃の趣味の一つは、各社のプリペイドカードを買って、“使うこと”!

2000年と言うことで、各社記念のカード・グッズ類を発売しています。

 

JR四国
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170430121002j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170430121009j:image

 JR九州

この頃は定期列車中心に、車両のリニューアルを図っていましたね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170430121024j:image

 

 JR東日本もありました。

今はなき「イオカード」!

自動改札機に直接入れるカードです。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170430121111j:image

2000年は、平成12年でもあるんですよ。

 

郵便局でも!

辰年にもちなんで、辰野郵便局。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170430121041j:image

 

…ということは。。。

我が湯河原郵便局でも、企画があったんです。

台紙を作って、切手を貼って、消印を打って、そして売って!

特に消印を打つのが、神経を使います。

インクがかすれたり、ぶれたりすると、商品にならないので、「買い取り!」でしたから。

 

郵便局の場合、切手を“消す”ことに意味があるわけで。

趣味的には消印(日付と時刻、局名)が入ることがいいわけですが、こちらとしては、その切手が“使用済み”になることが、狙いなわけです。

 

記念切手なんかでは、逆に使わずに持っててもらうことで、結果的に収入を得ようという時代が長く続きました。

「退蔵」って言うんですが、今は退蔵切手は負債扱いになる会計ルールになり、各社とも一斉にプリペイドはやめましたね。

郵便局は制度上、そういうわけにはいかないので、記念切手はなるべく使われやすい柄、花とかキャラクターとかが選ばれ、1回の枚数もかなり減らされてるようです。

 

 

この時期のもうひとつの趣味は、クロスワードパズル。

懸賞付きのクロスワード雑誌を買ってくると、一般のクロスワードの他、

カギがなく、同じ文字の場所に番号が振ってあって、それを頼りに完成させる「ナンクロ」、

縦・横・斜めに同じ数字が入らないように数字を埋める「ナンプレ数独)」、

数字を頼りにマス目を塗って、絵を完成させる「イラストロジック」

など、様々なパズルがありました。

それを解いて、郵便局の不良在庫だった、某はがきを大量に買い込み(自らの目標にもして!)、それに書いて応募する、という、やはり一種の循環システム?が出来上がっていました。

 

でも、あんまり懸賞には当たらなかったなぁ…。

 

そして、ここで久々に、パソコンを購入しています。

Windows98

職場にも新規に入りましたから、いろいろ触って、色々慣れてね。

 

ただ、まだ文書にはワープロを使用していました。

年内までは、と言うことで。

文書だったら、特に日本語だったら、ワープロの方が美しい文章になります。

それが基準でしたから、なかなか満足できなくてね。

 

ただ、それでも慣れていかないとね~と言うことで、翌年からはパソコンでの文書作りにも、挑戦していくことになります。

 

 

次の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

前の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp