読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

1997年の記憶…

当時25歳。

湯河原郵便局、2年目です。

 

新人が2人も入ってきました。

一応、僕が先輩だけど…、

後輩の一人は、地域区分局のバイトとして、バリバリ働いてた人!

もう一人は大人しかったけど、中堅社員として登用されて、郵政局へ行くような人!!

 

どちらも、僕よりも遥かに力量が上。

やりにくいというか、悲哀を感じましたね…。

 

なので、後輩でありながら、敬意を持って接しましたよ。

そうせざるを得なかったのではありますが…。

 

 

窓口に立ちますから、記念切手等を扱う機会がありました。

かねてから発売日には行列が出来たそうですが、「美空ひばり」「石原裕次郎」「鉄腕アトム」の切手の発売日は、大量に並びましたね~!

かなり混乱しながら、必死で捌いたのを覚えています。

計算は合わなかったけど、そんなに大きくは外しませんでしたよ。

 

また、この切手の発行をきっかけとして、父に記念切手を買って、送るようになりました。

今はアニメ作品とタイアップしたり、花の切手ばかりになったりと、あまり面白くなくなってしまいましたが、当時はまだ、国営。

文化財や国宝といった、芸術的な価値のある切手が、数多く発行されていました。

 

父もそんな切手を、昔から機会があれば、集めていたそうです。

 

まぁ、立場上、記念切手を入手しやすかったですしね。

それも、ただ送るだけじゃありません。

ちゃんと各切手の解説を書くんですよ。

その切手の題材のいわれとか、背景とか、歴史とか。

結構脱線して書いたりね。

 

けど、どんなに書いても、1切手の記事は原則としてB5(後にA4)1枚まで。

枠に収めるために、あれを削ったり、これを書き直したり。

楽しみながらも、結構苦労して構成し、また校正していましたね。

 

当時から、ブログのようなこと、やってたわけです。

 

ちなみに、この時はまだ、ワープロを使っていました。

相変わらず、「書院」ですが、ハードディスクも積んでたし、多分一番完成されていたと思います。

たまに職場で使うパソコンが、使いづらくて。

文章を打つためなら、今でもパソコンよりも、ワープロの方が遥かに美しい文書になると思います。

 

ワープロに誇りを、持っていましたよ!

 

次の年は、こちら

 

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

前の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp