読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「ネ」の記憶…

寝る車、「寝台車」に付く記号です。

昔からある車両で、夜行列車に使われますね。

 

夜行の普通列車に連結された例もありました。

きっぷを買うのに便利なように、普通列車であっても愛称が付けられました。

まさか、「791列車のB寝台1枚!」なんて、客に言わせるわけにもいきませんでしたから。

「山陰」とか、「ながさき」とか、ありましたね。

 

昔の一等寝台が「イネ」(JR九州ななつ星も)、二等寝台とA寝台が「ロネ」、三等寝台とB寝台が「ハネ」がつきました。

 

B寝台の「ハネ」。

跳ねるほど乗り心地が悪いなんてことはなく、やっぱり横になれるのは楽ですね。

 

客車列車は通路が窓際にあって。折り畳みの椅子がありました。

そこに座って、宵や真夜中の夜景、朝方の車窓を眺めて過ごすのは、何とも言えぬ贅沢でしたね♪

 

戦後のB寝台車は、星の数で設備を表しました。

 

星一つは客車三段式。

乗ったことはありませんが、かなり狭かったでしょうし、高さもないので、圧迫感もあったと思います。

枕木方向に寝ますが、座席にも使うため、幅は広く出来ません。

長さはあるので、背の高い人には向きますがね。

 

星二つは電車三段式。

こちらも圧迫感はあったでしょうが、電車三段式は昼の特急用に、左右二人掛けずつの座席車にもする関係で、寝台はレール方向に並びました。

この方が横幅が広いのと(縦幅は短い)、進行方向を向く分、乗り心地はよかったようです。

 

星三つは二段式。

居住性向上を狙って、寝台を二段にした(改造した)車両です。

寝台内で立てないまでも、体を起こすことが出来るようになったのは、大きな進歩です。

 

星四つは、カルテットという四人用個室でした。

向かい合わせの二段寝台を、仕切って個室にしたものです。

 

開放型のB寝台では、カーテンで締めきることは出来ましたが、列車によっては午後や宵の口から走るものもあるわけで、その時はカーテンを開けて、見知らぬ乗客と仲良くなったり、なんてこともありましたね。

 

楽しい、思い出です。

 

一方、近年はB寝台にも「個室」が登場しました。

居住空間こそ狭いものの、鍵がかかり、プライバシーが確保できました。

女性の旅などにはよかったでしょうけど、男性だって、一人でいたいときはありますもんね。

 

料金はB寝台の下段と同じ。

中には多少高いものもありました。

 

寝台特急「北陸」は、ほとんど個室の特急でした。

ビジネス利用が、圧倒的に多かったんです。 


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170223021620j:image

こんなキーカードが、配られました。

 


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170223021636j:image

寝台特急「あかつき」にも、個室に乗りました。

この時は「シングルツイン」という、車端部の広いスペースを確保できました♪

 

A寝台「ロネ」は、居住空間が広かったり、近年はウエルカムドリンクなどが付いたりと、一ランク上のサービスが受けられます。

寝台急行「銀河」のA寝台に家族を乗せましたが、僕以外の評判は、あんまりよくなかったな…。

開放型A寝台で、広さはあったんですけどね。

 

寝台特急サンライズ出雲」でも、A寝台個室に乗ったことがあります♪

ベッドの他に、デスクやイスがあって、さながらビジネスホテルでしたよ。

実は、衛星放送のテレビまでありました。

 

あと、真っ先に検札が来ます。

会社側としては、誤乗されてはたまらない!ってとこなんでしょうけど、客としても、早く検札してもらった方が、すぐに楽になれますね。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170223024045j:image
 こちらは「シャワーカード」

 

B寝台客も買えば使えましたが、A寝台客は1回無料で使えました。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170223024113j:image

中は狭いながらもシャワールーム。

大きなデジタル表示があり、あと何分お湯が出るか、確認できました。

鉄道にとって、水は貴重なのです。

 

サンライズ出雲」は、今回紹介した中では、唯一現在も走る特急列車ですが、今は乗るのは大変!

 

今、JR東日本の「えきねっと」で、大半のきっぷが買えますが、寝台車は対象外。

しかも、かつてたくさんあった、九州行きの夜行列車は全て整理され、今や残るのは、この列車だけです。

なので、この列車に乗るためには、発売の1ヶ月前の10時、みどりの窓口に並ばねばなりません。

特に女性に人気で、競争率が高いのです。

 

前から人気の高い列車でしたが、すっかり「高嶺の花」に、なってしまいました…。