読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「オ」の記憶…

「オ」は、客車(モーターやエンジンを持たず、機関車に牽引されるもの)の重量を表すための記号です。

ここで言う「重量(自重)」とは、客車自体の重さに、定員相当の乗客、荷物の重さも加えたもの。

機関車に引っ張られる以上、重さはとても重要なのです。

 

「オ」は、自重32.5t以上37.5t未満の客車に付きます。

語源は「大型」。

オハ12とか、寝台車のオハネ24とか、近年の客車は大抵この区分に入るんですが、昔はもっと小さい客車もあったため、かなり大きい部類に入ったようです。

 

ただ、最近は電車化、気動車化が著しく、一線を退いた車両の転用で、臨時列車としても、出番がなくなりつつあります。

 

ブルートレインも、なくなってしまいましたしね。

 

西鹿児島から24系25形の寝台特急はやぶさ」で、遅れもあって1日かけて、東京を目指したのが懐かしいです。

あの時は開放B寝台。

同じボックスの人と、仲良くしゃべったりね。

今ではなかなかない、貴重な体験だったと思います。