Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

専攻…

「選択」…

物理を専攻しました。

たぶん、17歳。

 

あの時は、物理の点数が、多少は良かったんだと思う。

比較的では、英語よりも、数学よりも…。

国語は、嫌いでした。

本読むの、嫌いだったから。

 

合格して、授業!

それが全くダメで!!

 

まず、物理の理論を学ぶなら、実は数学の力が、要るのです。

数学の力がないと、式を理解するのに時間がかかったり、そもそも読み解けなかったり。

 

証明以前の、問題なんです。

 

もっと言えば、物理の理論、空間を捉えるには、もっと柔軟で、広さに堪えられる脳味噌が必要!

 

まったくもって、向いていなかったのです。

 

当時は、模擬試験の点数だけで、選択した。

大学に入ってから学ぶことを、あまり考えていなかった。 

選択としては、全くなってない選択だったと、言えるでしょう。

 

そんな学生生活だったけど、何にも知らない地方からの学生には、いろんなことを教えてくれました。

 

アルバイト。

働くこと、お金を稼ぐことの、尊さ。

交友関係も、それなりに。

「恋!」がなかったのは、残念だけど。

お酒も、この時覚えました。

煙草とギャンブルを覚えなかったのは、正解だったかも。

 

松本市という選択は、悪くなかったしね。

いい街です。

水もいいし。

大学に通った都市に、卒業してから訪れることって、あります?

もう5回ぐらい、いってるんじゃないかな?

それくらい、印象の強い街なんです。

 

メインの選択はテンでダメだったけど、その選択のおかげでいろんな体験ができて、人生にとってはプラスだったんじゃないかな?って、今は思います。

 

 

広告を非表示にする