読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「ム」の記憶…

貨車の記号です。

積載重量14t~16t。

15t積みの2軸貨車が、この「ム」級を名乗りました。

 

特に多かったのは、一般貨物を運ぶ「有蓋車・ワム」。

近年はパレットごと運べる「パワム」が席巻。

褐色の貨車が何十両も連なる貨物列車が、全国に荷物を運んでいきました。

 

他にも、外国人じゃないけど、無蓋車の「トム」、小型タンクを備えた「タム」など。

通風車の「ツム」、冷蔵車の「レム」などがありました。

 

15tというと、トラックより大型にして、鉄道としては小回りが利く方。

確かにこれくらいがちょうどいいという地域・品物は、かつてはたくさんあっただろうと思います。

 

でも今の時代が求めるのは、徹底的な小口輸送にして、荷物もサービスもさらに多様。

一方、二軸貨車は台車がない分、速度的には不利です。

 

今となっては、トラックに分があるようです。

 

コンテナ以外の貨物輸送が廃止になって、かなりになります。

大量にあった有蓋車も、駅舎になったり倉庫になったり。

売却されて、市井で第二の人生を歩むものもあります。

 

貨車って、意外と大きいんですよね。

 

でも、他の貨車の行く末は、どうなったんでしょうね…?

次の車両の材料として、第二の人生を送る物も、少なくなかったかと思います。