Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

団扇…

東京ドームの「鷹の祭典」にて。

父と、観戦。
団扇!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180718082800j:image

 

僕はあんまり好きじゃないけど…。

 

父、途中で団扇を落としてしまって!

探したけど、見つからず

隣の人もいい人で、探してくれたけど。

 

試合は大敗!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180718083841j:image

時間もかかり、時間の都合もあって、父はショーを見ずに帰宅。

 

その時…

2列前にいた男の子が、団扇を拾ってくれました。

そんな所まで、落ちていたんですね。

 

ありがとうございます!

 

ひと駅…

順番前後します。

うれしかったことから、書かせて下さい…

 

この日は、押上文庫/猫庫のお2人に、ご常連のIさんを加えて、盆踊り!

靖国神社主催の、英霊を慰める「みたままつり」の一環で、行われます。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180717222034j:image
左が文庫さん、右がIさん。

赤いTシャツが、猫庫さんです。

浴衣、決まってますね~!!

(掲載許可いただきました。ありがとうございます)

 

4人も輪の中に入って、盆踊りみっちり、2時間!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180717221227j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180717221244j:image

 

詳細は、表ブログで。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.com

 

ご常連のIさんは、盆踊りの愛好家!

あちこちに出かけていっては、踊る方です。

今日もお知り合いから、多数声を掛けられていましたよ。

 

それ以外にも、歌舞伎や日本芸能、昔の地名など、幅広い知識を持つ方です。

しかも、それらの知識に歴史を加えた、空間的三次元的な知識・話力を持ちます。

だから、お話はとても興味深いです。

 

僕なんか、とても太刀打ちできません。

文庫では何度も一緒になってるし、隣で酒を酌み交わしたこともあるけど。

やっぱり、格が違う方です。

 

今日も、Iさんは文庫さんと、一緒に話してることが多かったですね。

文庫さんも、そのような分野に豊富な知識を持ちますから、話が合うのでしょう。

 

たっぷり踊って、打ち上げもして、帰り。

 

文庫さん、猫庫さんは、押上で下車します。

Iさんは、次の曳舟駅が最寄り駅です。

ひと駅ですが、2人だけになります。

 

駅間も、たいした距離はありません。

知識の差から言っても、お互い特に話さずに、曳舟到着を待つのかなと思っていました。

 

ところが!

Iさん、気さくに話しかけてくれて。

もちろん、難しい話なんかしないけど、ちょっとしたことだって、言葉を交わすことができたのが、すごくうれしかったんですよ。

「あぁ、僕も文庫の顔なじみの端くれって、認めてくれてるんだな…」って。

 

ありがとうございました。

楽しい盆踊りを、楽しく締めくくることができました。

 

また文庫でも、イベントでも、よろしくお願いいたしますね。

本日も、ウチの巨匠に感謝・235…

メインは、豆腐!

いい大豆を使っていて、なめらか♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180717220645j:image

 

本日も、ウチの巨匠に感謝…

測るだけダイエット・233…

7/17の体重は、「94.30kg」でした~!

 

先週、先々週の“不摂生週末”の、総決算!

まぁ、こんなぐらいならば…。

 

でも、今週はちょっと、節制しないとなぁ…。

ゲームの記憶…

今週のお題「ゲームの思い出」

 

ゲームには、主に4つの分野があると言います。

今はそれ以外もありますが…

 

まずは、アクションゲーム。

キャラクターを操作し、直接行動して、目的を達成するゲームです。

目的は敵を倒したり、宝物を集めたり。

落ちゲーなんかも、この部類かな?

この中で、射撃系のゲームを特に、シューティングゲームって言いました。

 

この手のゲームは嫌いじゃなかったけど、全然上手くならなくて。

次第に、やらなくなりました。

 

次に、アドベンチャーゲーム

コマンドを打って画面内を冒険して、ゴールするゲームです。

謎解きをするゲームが多かったかな。

「ミステリーハウス」なんての、覚えてる人いるかな?

家の中でダイヤモンドを探すんですが、いろんな仕掛けがあって。

絵を動かしたり、壁を壊したり。

幽霊まで出ました。

 

昔は自分で英語のコマンドを打ったので、このために、和英辞書を買いました(笑)

時計を調整する「ADJUST」は、このとき覚えましたね。

そのうち、サッカーとかで「アジャストする」なんて、一般的になるとは思いませんでした。

 

そのうち、マウスで操作するようになって、コマンドの出番はなくなりました。

「サイオブレード」とか、名作でしたね。

 

RPGは、「ロールプレイングゲーム」の略です。

役割(ロール)を、演じる(プレイング)するゲームです。

研修で「ロープレ」というのはこの略で、お互いに立場を演じて、営業や接遇とかを習得します。

ただし、“ゲーム”ではないわけです!

 

有名なのは「ドラゴンクエスト」かな?

ただ、日本では「経験値を集めて成長する」のが強調されて、このスタイルが定着しましたね。

数多く名作が存在します。

 

最後が、シミュレーションゲーム

実際のものをそのままゲームにしたゲームです。

皆さん「シュミレーション」って発音する人が多いですが、「シミュレーション」ですよ!

 

昔は戦略を想定する「ウォーゲーム」が先行し、「信長の野望」「三国志」「提督の決断」「大戦略」などの、戦争をするゲームが流行りました。

MSX2の「フリートコマンダー2」も、思い出深いゲーム。

太平洋戦争が題材ですが、かなり設定がしっかりしていて。

最近になって、音楽とサウンドを取るために、わざわざ昔のパソコンを入手しました。

 

その後、街を作る「シムシティ」「A列車で行こう」なども、人気でしたね。

その後は「電車でGo!」とか、「太鼓の達人」とか、数多くのヒット作が出ましたね。

僕も仕事を早番で終わったときは、「電車の運転」してましたよ。

 

ミッドナイトランディング」も、あまりできなかったけど、好きなゲームでしたね~。

滑走路の誘導灯を点で表現してただけの、シンプルなゲームですが、当時の環境からは、3D表現自体、画期的でした。

難しかったけど、飛行機への興味を、大きく膨らませてくれたゲームでしたね。

 

ただ…

このRPGと、多くのシミュレーションゲーム、特に家庭用のゲームには、大きな欠点がありまして。

どうしようもないんですけど…

 

「時間がかかる」んです。

 

数週間、数ヶ月経っても、終わらないものも。

この後ゲームは携帯・スマホに移行したり、オンラインゲームなどにも進化しましたが、それらが出てきたのが、僕がゲームからクールダウンした頃で、僕の中では盛り上がることはなく。

割ける時間も少なくなって、ゲームからは離れることになりました。

 

通勤時間を使ってゲームしたり、今でもひたすらスタンドアロン!って方、若い人は週末はオールでゲーム!なんて人も、周りにはいますけど、今はネット&リアルでの交流・交友の方が、楽しいかな?

 

ただ、その僕に残ったものがあります。

ゲームミュージック」です。

 

当時のゲームに割ける音源は限られていて、曲としては貧弱だったかもしれませんが、自分がプレイしたときに、聴いた曲です。

やっぱり、愛着があるんですね。

サントラも、よく買いましたよ。

ゲームミュージックをバンドで演奏した、「アレンジバージョン」も楽しみで。

今でもiTunesの中に大量に入っていて、時々かかりますよ。

 

僕の中では、ゲームはすでに、アーカイブだけど、僕の人生の半分位を、ゲームが楽しませてくれてるんですよね。

 

感謝、ですね。

 

出先でのツッコミ…

先ほどの、旧万世橋駅にて。

2013プラットフォームって、名前が付いています。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180715220924j:image
のんびりまったりしていたところ…、

携帯が震える。

北戸田のMさんから、Twitterでの返信が。

 

「ここはねぇ、クラフトビールなんですよ!」

クラフトビール

これ?

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180715221509j:image

実は、2013プラットフォームの半分は、カフェレストランになっていて。

実際の電車を見ながら飲食ができるんですけど…

どうやら違うらしい…

 

さらに、Mさん続けて、

「『常陸野ブルーイング・ラボ』へ、是非!」

 

なんと!!

あっ、Mさんはクラフトビールの大ファンで、こだわりも相当なもの!

僕も、彼に来てほしくて、オフ会をクラフトビールの店にしたことがあるくらい!

 

階を降りて、地図見て探すと…

ここらしい!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180715221536j:image

あぁ、常陸野ネストビールね。

木内酒造だったかな?

美味しいのは知ってます。

 

でも、クラフトビールの専門店を、オープンさせてたとは!

それも秋葉原に、あったんですね~♪

 

まずは、自分の直感で、銘柄選び。

気になったのは、こちら
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180715221650j:image
ちょっと濃いめのビール。

「ニッポニア」!

これ、何故か出汁の風味がする!?

かなりの変化球!!

でも、解説には一言も、“出汁”なんて書いてないんですよね…。

美味しいけど、不思議なビールでした。

 

この間に、Mさんに返信。

「オススメないですか?」

 

「初めてなら、ホワイトエールがいいよ」ってことなので、それを。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180715221801j:image
確かに、ビールらしいビールに感じました。

ちょっと刺激があってね♪

 

満足して、店を出ました♪

 

それにしてもね…

出先にいたり、旅行してたりしてるとね。

「こういうツッコミ」が、一番うれしくて、楽しいんですよ!

現地・旅先で、地元の人や、知ってる人に、声を掛けてもらう。

温かく迎えてくれたり、時には変化球のコメントをくれたり。

このパターンのように、その人のとっときの情報を教えてくれたり♪

こんなにうれしいことは、ないのです♪

 

旅行に出てると、確かに忙しいこともあるし、やりたいこともたくさんあるんだけど、実は待ち合わせとかで、結構時間が空くこともあります。

旅行の場合は、大抵余裕時間があるので、教えてくれたことを実現できることも多いです。

 

だから、旅先ではこういうツッコミを、どんどん欲しいんですよね。

実現できようができまいが、旅がとっても楽しくなりますし、当初予定してなかった経験が、できたりします。

そう、SNSならではの、プラスαな旅が、できるわけです。

 

僕も、時にはツッコミに回りたくなるんですが…

草加辺りを通る人って、なかなかいないんですよね…。

その点はちょっと、残念です。

選択行動…

昨日の、問題です。

草加松原のかき氷専門店「ヤマト屋」が、駅前アコス「中山珈琲店」と、コラボしまして。

かき氷の三択です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180715214136j:image

 

答は、「いちごミルク」でした~!

まるで雪を食べているような、さらさら感が新しい!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180715214207j:image

この企画も、swarm、Path合わせて、1773問になります。

もう千問以上参加してくれている人もいれば、最近参加してくれるようになった人もいます。

 

たくさん参加してくれると、その人ごとに、投票行動が浮かび上がってくることがありますね。

 

例えば、羽曳野のUさんは、黄色しか選びません。

ただ、swarm、Pathの両方に参加してくれる人なんで、Pathでは選択肢を変えて、遊ぶこともあるようですね。

一方、鶴見のSさんは、swarmとPathの解答をそろえてきます。

自信があるんでしょうね。

ギャンブルをする人なんで、決断力があります。

 

過去には、細かく分析して、その過程をびっしり書いてくれた方も。

でも申し訳ありません!

このパターンで当たった人、少ないんです。

 

札幌のSさんはちょっと変わっていて、解答する時点で、最も人気がない選択肢を選んでいきます。

問題を出して、解答をもらってるのに、なかなか正解者が現れないと、

「Sさんの展開」なわけです。

 

まぁ、大体、「自分だったらこれを選ぶな~♪」ってのを、解答してくれている人が、多いんだと思います。

当たれば「ナカマ~♪」だし、外れたって、何が減るわけではありませんからね。

でも中には、僕の好みを考えて、それを答えてくれる人もいます。

宝塚のFさんとか、埼玉のCさんとか。

 

それを明かされたとき、なんか、すごくうれしくって♪

こんなに僕のことに関心を持ってくれて、分析までしてくれて!

なんか、目頭が熱くなりました。

 

僕自身、「当たりを出したい派」でもありますしね。

 

また、この方たちは、やっぱり勝率が高いですね。

ガチャポン以外は、僕が選ぶんですから。

(正確にはガチャポンだって、僕の望むのが出た方が、題材にする可能性が高まりますよね)

そう言えば、越谷のHさんも、「ガチャポンより通常問題が好き」って言ってましたね。

こんなところのちょっとした交流が、楽しいのかもしれませんね。

 

ともあれ、皆さんお付き合いありがとうございます。

これからも、よろしくお願いしますね。

 

「解答者あっての企画」なのですよ♪