Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

小田急の複々線…

向ヶ丘遊園から三線区間、そしてこの駅から先が、複々線区間です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234118j:image

 

1000形がいました。

今でも好きですが、音が変わる前は、もっと好きでしたね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234206j:image

 

幕車、でもあります。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234227j:image

 

VSEが通過していきました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234238j:image

そろそろ、乗り込みましょうか。

まずは、各駅停車です。

 

東武も長い複々線区間を持ちますが、東武は各停が内側、急行が外側です。

小田急は逆に、各停が外側、急行が内側です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234254j:image

 

実は、建設や運用上は、東武の各停内側の方が有利です。

各停のみの駅は、小さく作れますし、各停の途中折り返しが楽です。

内側線の間に、Y線を作ればいいですからね。

 

一方、各停が外側だと、各停の駅は全て相対式で、建物は大きくなります。

途中で各停を折り返そうと思うと、立体交差して急行線をくぐらなければなりません。

それでも、あえて小田急が各停外側にこだわったのは、

「急行線がまっすぐになる」からだと言われています。

東武方式だと、中央にある各停の島式ホームをよけるために、急行線はどうしても、小さなS字カーブになります。

ロマンスカーを走らせる小田急としては、避けたかったのかもしれません。

 

まぁ、小田急は伝統的に、島式ホームを作りたがらないですしね。

上下のホームを分けたい派、のようですよ。

 

カーブでは、複々線の4本の線路が、よく見えますね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234304j:image

でもやっぱり、電車がいた方がいいですよね♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234323j:image

 

小田急複々線は、変化に富んでいます。

2ヶ所、トンネルがありますね。

地形自体も、かなりうねってるようです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234407j:image

 

成城学園前

8000形がいました♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234426j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234442j:image

 

アルミ車・ステンレス車全盛で、普通鋼車は少なくなっていますね。

 

そうそう、この姿もありふれたものになりましたね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234502j:image

今はJR車が小田急にも、常磐線小田急車も入ります。

 

さて、今年初頭までは、複々線は梅ヶ丘まででした。

それが、ようやく工事が終わり、代々木上原まで複々線になりました。

特に難工事だったのが、下北沢の辺り。

いろいろなものを避けるために、かなり深いトンネルになっています。

しかも、千代田線直通車の大半を各停にするため、代々木上原で内側線を発車、トンネルを通ると外側に出てくる、撚り線構造??になっています。

 

こちらは急行線の下北沢駅

本当に地下深くです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234518j:image

 

ここからのエスカレーターは、長かった…。

 

上層階の各停ホームです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234613j:image

 

急行・快速急行は、さらに下に降りろ、との表示。

小田急では急行は赤、快速急行はオレンジの表示です。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234605j:image

 

一方、各停階の発車案内。

千代田線に直通する準急(緑)は、こちらの階ですね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234634j:image

 

この電車に乗りました。

東京メトロ16112号車。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234703j:image

 

下北沢から、トンネルは上り坂になります。

トンネルを出たら、いきなり!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234653j:image

まさかの8000形との併走でした!

近い近い!!

 

ちょっと引き離して、代々木上原到着です。

配線を見ると、外側の急行線からも、千代田線に直通できる構造になっていますね。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234713j:image

実際、急行の綾瀬行きとか、あったと思います。

複雑な、鉄道地帯です。

箱根そば…

私鉄のうち、一部は駅そばを自社経営しています。

東京メトロの「メトロ庵」も、定評がありますが…

 

さらに定評があるのが、小田急の「箱根そば
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922224740j:image

そばに甘みがあって、とても美味しいですね。

ブランドと言っても、いいでしょう。

ロングラン…

Twitter上では、いろんな人と会話をします。

中でも埼玉のCさん、新潟のSさん、Mさんとは、会話の頻度が高いです。

 

埼玉のCさんは、もう何度もリアルで会い、リア友のような同志のような関係です。

それでも、Twitter上の会話では3セッションぐらい、いっぺんにしてますね。

彼のすごいところは、僕が何セッション回そうが、さらにLINEを加えようが、それでも同時に、別の人ともセッションを回せること。

かなりマルチな彼です。

 

Mさんとは鉄道の話が多いですね。

お互いに鉄道が好きで、ちょっと古い車両が好きなのも、共通。

特に彼は、他に鉄道がらみで、気軽に話せる人が少ないそうで、かなり盛り上がった会話になります。

 

新潟のSさんも、僕のために5,6セッションを割いてくれます。

彼は常に浮上してるわけじゃないので、浮上した時に、アクティブなセッションのリプが、まとめて帰ってきます。

僕も同じように返し、お互いなかなか切らないので、セッションがたまっていきます。

 

Sさんとの、あるセッション。

彼は遠方なので、なかなか会えないですが、新潟駅なら会えるかな?って話が、進行中。

僕自身も会いたいけど、Cさんを会わせたいなって思ってます。

2人は年も一緒、人間的にも、すっごくよく似てる!

きっと盛り上がること、請け合いなのです。

 

で、そのセッション、どのくらい続いてるのかな~って、たどってみたら…

 

なんと、9/12の、Sさんのおはツイがルート。

もう11日も続いているんです。

スロウスタート」の花名ちゃんの、夏服の話題から。

それから、容姿の話とか、会話の話(僕、友達と話してるみたい!って言ってくれた♪)、会話のスタイルの話(口か文字か?)から、会いたいね~みたいな展開になって。

 

13往復と、それほどラリーが続いてるわけじゃないけど、Sさんとの会話はお互い文字数がかなり多いので、かなり濃い会話ができていますよ。

 

実はこのセッション、まだ着地してない。

まだまだ、会話が続くかもですよ!

 

ドラえもんの街…

南武線です。

登戸で降車。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922233910j:image

発車メロディは、なんと「ドラえもんの歌」

??

 

コンコースへ出てみると…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922233936j:image

なるほど、こんな施設があるんですね。

藤子・F・不二雄氏は、この近辺・川崎市の在住だったそうです。

 

こちらは小田急線の改札口。

どこでもドアに、藤子不二雄両氏が生み出した、人気キャラクターの数々…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234015j:image

鉄道だって、一種の「どこでもドア」ですもんね。

 

ミュージアムには行く時間はなかったんですが…

実は、カップ戦のボーナス問題のネタを探してて。

ピッタリじゃないですか~19択!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922234034j:image

3個買えば、確率的にはいい感じです。

 

何が出たか?

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180923012805j:image

なんと!

スネ夫操るネズミ!?に、びっくり仰天のドラえもん!?

隣ではジャイアンリサイタルの大音響!?

 

ダブルパンチのドラえもんでありました…。

 

全くたまたまなのに、ストーリー性のある組み合わせになりました。

4つ並び…

出題が終わったので、時間があって。

特に宛てもなかったんですけど…

 

ふと、閃いて!

「あの車両を、追おう!!」

あの車両とは…

京王線にいます♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922231612j:image
京王7777号車。

7の4つ並び、フォアカードです♪


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922231515j:image

実は、乗っておきたかったんです。

京王の7000系も、相当古いですからね~

 

車内も空いてて、撮影できました♪

解体したら、ぜひこの車号板、欲しい!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922231632j:image

本当はこれで新宿まで帰るはずだったんですが…

またちょっと、閃いて。

次の分倍河原で、降車!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922231713j:image

 

京王7777号車でした~!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922231726j:image

 

車号として、同じ数字がたくさん並ぶのは、実は珍しくて。

7777号車はラッキーセブンですし、こちらはたまに通勤時にもお目にかかる…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922232114j:plain

東急8888号車。

末広がりですね♪

本当は新京成にも8888号車がいたんですが…、残念。

 

それでも、縁起のいい2つの「4つ並び」がいる限り、関東の私鉄はきっと、安泰だと思いますよ♪

東京駅のドーム…

東京駅の丸の内南口には、松屋がコンセプトショップを出しています。

こんな、限定商品もありますよ。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922225728j:image

 三択に、しましたけどね。

 

ステーションホテルも、こちらが出入り口。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922225844j:image

作家さんが愛した部屋があるほか、鉄道ファンにとっても、眼下に鉄道風景が見える宿でもあります。

 

見上げると…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922225827j:image

高いドームです。

最近になって、昔の三階建てに改築されましたね。

 

縦にも撮ってました。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922225444j:image

これを撮る前、新郎新婦がここで、記念撮影をしていましたよ。

ご主人(奥様?)が、鉄道好きなのかもしれませんね。

 

お幸せに…

赤目黒…

上野で、日比谷線を降りました。

スリーカードの東武25855号車でした~!

 

よく見ると…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20180922225300j:image

 

これ、エラーなんです。

通常、赤はローマ字のみで、漢字はオレンジ色。

つまり、「赤目黒!?」行き~!

 

3色LED時代は、この手のエラーが随分ありましたね。

賭けてたり、逆にブロックになってたり。

 

今のフルカラーLEDでは、ほとんど見たことがありません。

精度が、上がったんでしょうね。

 

青色LEDが加わって、フルカラーになっただけでもすごいですが、今は香料もコントロールできるらしく、「灰色」が出せるのには感動しましたね。

 

技術の、進歩ですね~