読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

東北でよかった…

すっかり、話題になっちゃいましたね。

 

僕も、思ってますよ。

 

最高の温泉!鶴の湯(秋田)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429095614j:plain

 

玉子湯(福島)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429095520j:plain

 

鳴子温泉(宮城)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429104850j:plain

 

強力なボンネットバスで行く、松川温泉(岩手)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429100145j:plain

 

新幹線まで、足湯!!(山形)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429100048j:plain

 

山寺の絶景!(山形)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429095937j:plain

 

初夏の磐梯山(福島)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429095828j:plain

 

…と、ラーメン!(福島)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429100924j:plain

 

かもめと戯れ(宮城)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429105159j:plain

 

遠野ではカッパに会える!?(岩手)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429095027j:plain

 

萩もきれいで♪(岩手)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429095312j:plain

 

銀山の能登屋は、幻想的!(山形)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429095448j:plain

 

澄み切る!十二湖(青森)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429100618j:plain

 

落葉の奥入瀬は、生涯最高の紅葉!(青森)

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429100315j:plain

 

大曲の花火(秋田)も、素晴らしかったです!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429100735j:plain

 

嗚呼、東北でよかった…

「東北“が”よかった!」

 

今年もまた、計画を立てます。

1999年の記憶…

当時27歳。

 

実は、「この年で地球が滅びる!!」って、本気で思っていました。

ノストラダムスの大予言

 

なので、この年までしか人生設計、してませんでした…。

ああ、28歳までしか、生きられないだな~、なんてね。

 

この年もいろいろ、旅行に行っています。

2月、流氷を見に根室まで行ったのに、思いっきり空振りで!

知床の海は、普通の海でした…。

確か、タンチョウヅルは見れた記憶があります。

 

あと、北浜駅に入ってる食堂で、具だくさんのオホーツクラーメンを食べたりね。

釧網本線は他に、止別駅にラーメン屋が入ってます。

東の果ての路線だけど、見どころ、食べ処は数多くあるんですよ。

 

実家はいつ九州から引き払うかわからない状況でしたから、帰省時には九州のあちこちの路線を旅したようです。

 

アプローチはサンライズの「A個室」!

当時はまだまだ、寝台特急は数多く走っていましたが、今やプラチナチケットです。

確か、BS放送が見れたんですよね。

 

当時の最南端駅・指宿枕崎線の西大山駅は、列車で訪れると大変!

1時間以上、待ち時間が発生したはずです。

 

その他、これも後になくなってしまう「あそBoy」!

豊肥本線の山岳を行く、日本一厳しいSLでした。

機関車の息づかいが客車まで伝わってきて、つい「頑張れ~!!」って応援したくなるほどの、厳しい坂です。

大量の煙で、絶好の撮影ポイントがあるそうですよ。

 

そして帰りは、0系新幹線

山陽新幹線にはもうしばらく残りますが、16連の東海道新幹線は、この時が最後の乗車になりました。

この時乗ったYk8編成は、後の9月18日、東海道新幹線の0系最後の運用を、任されることになりました。

 

鉄ネタが続きますが、この車両も忘れてはならない!

写真がないんですが…

NSE「小田急ロマンスカー

 

綾瀬在住時は、通過するのを見送るだけの、高嶺の花でした。

しかし、湯河原在住のこの頃は、小田原からの乗車ですので、結構乗車機会がありました。

当時はどの車両が来るか、直前までわかりませんでしたが、NSEが来ると、うれしかったり。

その車両が、「ゆめ70」を除いて、定期から撤退したのが、この年なんです。

車号板、手に入れましたよ♪

こんなエピソードと共に。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

宝物として、大事に保存してありますよ。

 

この年からかどうかは定かではないんですが、ラーメン博物館に通っていました。

新横浜は小田原からひと駅!

特定特急券で、安かったんです。

しかも当時、オレンジカードイオカードと言った、プリペイドカードを集めてまして。

横浜駅のメイン・JR東海の券売機では、カード類では乗車券しか買えなかったんですが、裏口?のJR東日本・篠原口では、カードで特急券が買えた!

きれいなデザインを買い込んでは、カードを使って特急券を買って、美味しいラーメンを食べて…

一種の循環システム?が出来上がっていました。

 

この時期、多種多様な良質なラーメンに触れられたことは、後々の財産になりましたね。

 

これも触れないわけには。

福岡ダイエーホークス 初優勝!!」

今でこそ、お金を払えばいくらでも中継が見れますが、この当時はそもそも、パソコン自体を持ってなかった!

ワープロの「パソコン通信」位だったかなぁ…。

 

でも確か、優勝決定の試合は珍しく、テレビ中継があって。

仕事から帰ってたら、1-0で勝ってて。

祈るような気持ちで、テレビにかじりついてたのを思い出します。

 

(敬称略)

当時のホークスは、和田や新垣、杉内などが新人の頃。

井口や城島、川崎も、入った頃かな?

これからいよいよ強くなろうか?って頃でした。

 

一番、応援してて楽しい時期ですね。

優勝決定後は、ホークスの優勝セールに、繰り出しましたよ♪

 

 

次の年は、こちら

 

前の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

 

 

この記事が、2017年4月の、100本目になります。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

核弾頭!…

(敬称略)

昨日は恒例のクラシックゲーム。

大阪の近鉄・阪急(オリックス)が、南海(ホークス)を迎えて、往年の雰囲気で試合を行います。

 

中でも中盤は、応援団もレトロ調に。

ファンファーレもスローテンポ♪

昔の応援歌が、雰囲気をさらに盛り上げます。

 

7回。

時代を感じる「南海」の球団歌が流れた後、帰ってきたムネがクリーンヒット!

高めの球を今宮が、こともなげにナイスバントで、回ってきたのは福田秀平。

実はスタメンだったギータ(柳田悠岐)は、膝の裏辺りにデッドボールを受けて、途中交代。

福ちゃんが3番に入り、センターを守っていました。

 

実は福ちゃん、今年はまだ、ヒットがないんです。

そもそも打席さえも、あまり回ってこない。

外野はギータに晃がいる上に、上林が活躍してますからね~

 

ギータのケガは心配だけど、福ちゃんにはチャンス!

前の打席は点にはならなかったけど、いいフォアボールを選んでいました。

得点のチャンスで回ってきた2打席目、2球目!

真ん中辺に来た球をピシッと叩くと、打球はライナー性の強い打球!

あっという間に、ライトスタンドに吸い込まれていきました~

 

彼らしい、いい打球のホームランでしたよ♪

決勝点になりました。

 

今年はチャンスはそう多くは回ってこないかも知れない。

チャンスを一つでも二つでもものにして、一軍で活躍を続けて欲しいですね♪

 

ん?タイトル?

核弾頭?

 

実は前述の通り、クラシックゲームでは、往年の選手の応援歌が流れる回があります。

上林が俊足の山口裕二の曲だったり、中村晃山本和範!の曲だったり。

福ちゃんの時に流れたのは、佐々木誠の曲だったんです。

ファンだったんですよ。

佐々木の。

 

「我らの核弾頭!」

 

今日は福ちゃんが、応援歌に恥じない活躍を、見せてくれましたよ♪

ミステリーハウス…

久々に、ゲームのお話。

 

ゲームには大まかな種類がありまして。

「アクションゲーム」は、動く敵などをやっつける、逆に逃げる、或いは何かを集めるなど、何らかの動作をして得点を競うものです。

パックマン」とかね。

 

弾を当てるものを、特に「シューティングゲーム」って言ったりします。

インベーダーゲーム」とか。

 

倉庫番ロードランナーなんかは、パズル要素が濃いですね。

そもそも、「パズルゲーム」って言ったりするかも?

 

厳密には違う、って話もありますが、キャラクター(通常は主人公)に成り代わって冒険をして、ストーリーを完結させてってのが、ロールプレイングゲームRPG)です。

ドラゴンクエスト」、「ハイドライド」などですね。

 

ロール=役割、プレイ=演じる、なのです。

職場で「ロープレ」ってのも、これです。

営業トークや、電話応対とかの訓練に使いますね。

お互い、役割を演じるわけです。

“ゲーム”ではありませんよ!

 

実際の物事をそのままゲームで再現したものを、シミュレーションゲームって言いますね。

三国志」や「信長の野望」は、戦争だったり国家戦略だったり。

「電車でGo」や、「ミッドナイトランディング」など、乗り物のシミュレーションゲームも、人気がありました。

 

ただ、今のゲームはジャンルが融合したり、リアルすぎてゲームに見えなかったり。

これらに含まれないゲームも、きっとあるんでしょうね。

 

ところで、もうひとつ、ゲームのジャンルがあります。

アドベンチャーゲーム

冒険して謎を解いたり、宝物を見つけたりするんですが、基本的にはキーボードからコマンドを打って、ゲームを進めました。

 

それを、なんと“おうち”の中で実現してしまったのが、マイクロキャビンのゲーム「ミステリーハウス」です。

※ 以下のネタは、「ミステリーハウス」「ミステリーハウスⅡ」が、ごっちゃになっております…

 

たかが家の中で、なんて言いますけど、結構凝ってたんですよ。

ドアの前に来たら、「どうする:OPEN」「なにを:DOOR」

 

ちゃんとドアが、開きます。

カーソル(だったかな?)で、次の部屋に入れるわけです。

でも、一部のドアには鍵がかかってて、特定の色の鍵を見つけないと開かなかったり。

今度は鍵を探すために、部屋の中をくまなく探すわけです。

 

いろいろと、仕掛けがあります。

暖炉の向こうに部屋があったり。

机を動かすと、地下室があったり。

 

ひらがなで「え」って書いてある「絵(PICTURE)」を動かすと、金庫が隠れてたり。

「え?」って思ったりね!?

 

 トイレもありました。

使うと「あぁスッキリ」♪

でも、トイレットペーパーが謎を解く鍵になってて、重要な場所でしたね。

 

何故か架かっているハシゴをどかしてから、ハンマーで思いっきり壁を叩くと、ヒビが入り、もう一回叩くと壁に大きな穴が開いて、隠し部屋に入れたり。

これは後に、別のアドベンチャーでもネタにされて、「すぐ壊そうとする!どこでそんなアドベンチャー覚えたの?」なんて、突っ込まれたっけ。

 

階段もありましたし、窓やベランダもありました。

気をつけないと、ベランダから落ちて、ゲームオーバーなんてことも。

 

 

そう言えば、ドアを開けて進むと、「2階から落ちて死にました…」なんて設定もあった!

 

…思いっきり「トマソン」じゃん。。。

(無用扉)

 

他にもゲームオーバーポイントが、いくつかありまして。

 

 

ろうそくなしで地下室に入ると、頭をぶつけて死んじゃったり、

スタートの扉から逆に出てしまうと、外に出て車に轢かれて死んじゃったり。

 

幽霊も、いました。

遭ったら呪われて、ゲームオーバーです。

結構リアルで、怖かった…。

 

 

3時に扉が開くというので、大きな時計の針を、どうにかして3時にしたいんですが、「Move」では動かなくて。

実はコマンドは、英語だったんです。

このために和英辞典を買ったような気がする…。

調べた結果!

「ADJUST」

今でこそ、スポーツ用語で「アジャスト」なんて言ったりしますが、僕はこのゲームで、初めてこの単語を知りましたよ。

 

最終的にはダイヤモンドを見つけて、大金持ちになるんですが、僕にとっての最大の収穫は、さっきの単語「ADJUST」だったかもしれません!?

ムネの真骨頂…

(敬称略)

ホークスにムネ(川崎宗則)が帰ってきました。

この人が入ると、チームは明るくなりますね。

 

今日はいきなりスタメン!

1番セカンド

 

打撃は4打数1安打でした。

最初はちょっと違和感のある打席でしたが、4打席目はクリーンヒットでしたよ。

得点しましたしね。

 

セカンドの守備は、実は心配してたんですけど(失礼!)、どうしてどうして!

随所に光るところがありました。

 

ムネの守備。

多分、ポンちゃん本多雄一)の方が守備範囲は広いし、肩は今宮の方が、遥かに強い。

それでも、彼の守備が超一流と言えるのは、

 

「ポジショニング」

 

「なぜそこにいる!!」ってハッとするぐらい、球に近いところにいる。

ヒット性の当たりを、イージーなゴロにしてしまう。

 

投球や打者からの予測だったり、傾向からだったりするのかな?

今日はダイビングキャッチもあったけど(記録はセカンドゴロ)、簡単に処理する打球こそ、彼の真骨頂なんですよ。

 

ムネが帰ってきても、打つとこも守るところもないのにな…、なんて思っていました。

いやいや、出ればやっぱり、光るところを見せてくれますね!

掟破り!?…

この企画、初!

この問題、まだ、出してない!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429002911j:image

赤のチョコバー、緑のチョコチップバー、青のバニラバー

そして…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429002920j:image

「ラブイブオーバー」!?

悲しいけれど~??

 

なんじゃこれ!! 

ロッテもひねったバー?、出してきたもんです…。


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429002958j:image
こうやってね。

でも、みんな選ぶかなぁ~!?

「ラブイズオーバー」

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170429002920j:image

 

もちろん、答もまだ、決めてません…。

 

いい時に…

ちょっと前まで支店にいたY氏が、一言…

「あいつ、いい時に休みやがって…」

何か問題対処が必要な時、たまたま責任者が休みだったらしいんです。

 

僕も、実はありまして。

ずっと前の職場。

交代勤務で、平日の連休だった。

 

何をしたかは覚えてないけど、それなりに休日を満喫して、勤務に出てきたら…、

職場の様子が、変。

 

なんと、重要な書類の紛失事件があったんだそうです。

僕が休んでる間に。

 

関係者はみんな、厳しく調べられたそうです。

僕以外は。

 

随分、言われました…。

「いい時に休みやがって!」

 

僕、悪いこと何もしてないんですよ!

 

…でもね、自分でも思いましたけどね。

「いい時に休みだったもんだ♪」