Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

白地に青帯の記憶…

今は、この2連が中心ですが…

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20240511154240j:image

 

この、白地に青2色の帯は、長らく東武鉄道の標準塗色でした。

東武線(伊勢崎・日光線系)でも、ほぼ全線で使われましたし、東上線系でも、当たり前のように走っていた塗色です。

 

東向島勤務時代は、ずいぶんお世話になりました。

竹ノ塚駅に早く着いて、ホーム端まで歩いて待つと、この車両がやってきて…

始発なんで、座れるんです。

当時はスマホもなく、寝てましたね…

 

意識して、乗りに行ったこともあります。

多くは8000系という車両で、電気制動、車で言う所のエンジンブレーキを持っていない、今となってはかなり貴重な車両ですが、同じ塗色で、さらに古い車両がいて。

5050形という車両は、吊り掛け駆動という、昔の古いモーターと台車に、新しい車体を載せた車両なので、モーター音が明らかに違うんです。

かなり低い、唸るような加速音は、魅力でしたね~!

 

でも、その当時の野田線でも、数本に1本あるかどうかの、レアな車両!

当たった時はうれしかったですし、時間がある時は、わざわざ遅らせてみたりもしましたね。

 

そう言えば、日光の旅行帰りにも、この5050形がいた東武宇都宮線を、わざわざ経由したことがありました。

同線でも滅多に来ない編成でしたが、乗った時はバッチリ当たって!

「やった!」って思って、ひたすら音を聞いてましたね~♪