Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

京都慕情…

京都というと、観光スポットとか、お寺とか、お祭りとか、そんな感じで編集された番組が多いですよね。

 

でも、この番組はひと味違って。

www.nhk.or.jp

京都に住んでいる人にスポットを当てて、生活や習慣などを、ドキュメンタリー、時にはドラマタッチで、描いていきます。

 

この番組、父がものすごく気に入って!

ビデオに録って、暇があれば何度でも、見ています。

 

エンディングも、とてもいいんですよね。


京都慕情 武田カオリver

武田カオリさんが歌う、「京都慕情」って曲です。

ゆっくり、優しく、ちょっぴり物悲しく、歌います。

 

CD出てるかな~って思って、検索してみました。

そしたら…

京都慕情

京都慕情

  • provided courtesy of iTunes

実は、カバー曲だった!

正確には、カバーのカバー!

 

1970年12月、渚ゆう子さんが歌い、大ヒット!!

紅白にも出て、歌ったそうです。

 

さらにそのカバー元は…、  

京都慕情

京都慕情

  • provided courtesy of iTunes

なんと、「ザ・ベンチャーズ」 に行き着きました。

京都シリーズの第2弾として、書かれたそうです。

 

実は家族全員、この番組のためのオリジナル曲だって、思ってた。

そのルーツが、ロックの大御所に行くつくとは、正直予想外で、びっくりでしたね!

でも、元々京都を歌った曲です。

しっくりくるわけですよね。

 

ザ・ベンチャーズアメリカのインスツルメンタルバンドで、「テケテケ」は有名です。

加山雄三の「君といつまでも」をカバーしたのをきっかけに、日本向けの曲を多数発表するようになったそうです。

当時はまだ生まれてない僕でも、名前は知っていましたしね。

 

エレキギターから演歌に、そしてエンディングテーマと変遷した、「京都慕情」。

そんな曲の歴史が、一瞬でわかってしまうのも、時代の変遷ですね。