Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

背番号71の記憶…

(敬称略)

この番号だと、監督やコーチの番号になりますね。

71はいい番号ですから、いろんな方がいらっしゃいますが、この人を。

関根潤三

横浜大洋ホエールズの監督時代、背番号71を背負いました。

 

この後、ヤクルトでも監督をやりましたが、いずれも成績は恵まれず、Aクラスは1回だけ。

しかし、後に上位チームを苦しめる「スーパーカートリオ(屋敷・加藤博一高木豊)」の礎を作ったり、ヤクルト時代に育てた若手の多くが、次の野村監督で花開きました。

 

でも僕、実は監督時代も知らないんですよね。

最も知っているのは、解説者時代。

フジテレビ系の解説を務め、中継や「プロ野球ニュース」でも、よく登場しました。

 

なぜ、関根さんの解説が、印象に残っているか。

圧倒的に、わかりやすかったんです。

 

当時、多くの解説者が、主に技術のことを語りたがりました。

コーチぐらいの専門的なことを語った方も、いましたけど、残念ながら、こっちは素人もいいところなんです。

そういう解説は、好きじゃなかった。

そもそも、わからなかったんです。

 

でも、関根さんの解説は、素人の僕が聞いてても、ちゃんと頭に入るレベルで話してくれた。

ソフトなだけじゃなくて、理解しやすい解説だったんです。

それでいて、バッターやランナー、そしてピッチャーの心理的な描写は、素晴らしいものがありました。.

 

そう、今で言う「二刀流」

選手時代は、投手でもバッターでも活躍して、どちらでもオールスターにも出た経験があります。

その上、監督経験も2チームでありますから、本当に多彩に活躍した、野球人でありました。

 

おっと、殺しちゃいませんよね。

御年90歳。

まだまだ元気でいらっしゃるそうですよ。