Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

柵…

ホームでの人と電車の接触事故は、本人はもちろん、鉄道会社にもダメージになります。

 

切り札は、「ホームドア」。

東京メトロ南北線のように、密閉!してしまう場合もありますが、多くは腋ぐらいの高さの可動柵を設けて、接触・転落を防いでいます。

 

ただ、これ、お高いんだそうで。

戸袋がある関係上、開口部が限られるので、多扉車や、他社からの直通車にも、対応が難しい。

 

そこでJR東日本さん、こんな策(柵?)を。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171009182216j:image

 

なんと!

電車が来るまで、通せんぼ!!

※ 写ってる電車は、一本奥の留置編成です。

 

一体どんな動きをするのかと思いきや…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171009180811j:image

 

上にあがるんです。

支柱ごと!

名付けて、「昇降式ホーム柵」
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171009180946j:image

 

なるほど、これなら、ある程度のドア位置のずれには、対応出来ますね。

しかも、コスト的も随分違うそうです。

 

ただし、視覚障害者には識別が難しかったり、支柱が出っ張るので、つまずきやすいとか、課題もあるそうです。

 

まだまだ、進化の余地が、ありそうですね。

 

ちなみに、従来のホームドアとは逆に…

※ 音がでます

柵を下ろして、おもむろに 昇降式ホーム柵 JR東日本八高線拝島駅5番ホーム 10/9撮影

 

扉ではなく、昇降柵が先に降りてきます。

なので、他駅にも増して、

「駆け込み乗車は厳禁!!」

ですよ!