Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

背番号52の記憶…

(敬称略)

この人でしょう!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171007030230j:plain

川崎宗則

背番号52。

 

そう、ホークスが強くなる一方手前ぐらいから活躍しだした、ホークスの内野手

あらゆる意味で、中心にいた選手です。

 

実は、出身の鹿児島県姶良町には、僕も住んでたことがありましてね。

僕は東側の帖佐、彼は西側の重富でした。

なので、かなり前から注目していたんですよ。

 

若い頃から話は面白かったし、観客参加型の「1、2、3、チェスト-!!」の発案者でもあります。

 

チームでの人望も篤かった。

他の選手、特に後輩のインタビューで、「ムネさん」と、よく名前が出ました。

面倒見がいい、兄貴分だったのでしょう。

 

メジャーでも明るいキャラクターが受けて、チームにもファンにも愛されました。

その秘密の一つは…、

 

実は彼、何カ国語も勉強してるんです。

ホークス時代に。

 

当時は、やってくる外国人向けだったかもしれませんが、メジャーでも大いに役に立ったでしょう。

 

「どんなに技術があっても、コミュニケーションが出来ないと、使ってなんかもらえない。」

 

知っていたんでしょうね。

 

ポジションはショート、サードセカンド

名手の誉れ高いですが、肩はそれほど強くない。

最も評価が高いのは、ポジショニング。

試合中も、或いはその前から、あらゆる情報をかき集めて、最適なポジションにいる。

それこそ、彼の真骨頂と、思います。

 

そう、「準備」ですね。

彼が師と仰ぐ、イチローが大切にしていること。

彼もまた、入念な準備をする人です。

 

 

WBCでは、イチローと一緒にプレーしたこともありましたね。

ホームに腕をねじ込んだ「神の手」で、優勝を勝ち取ったのも、彼でした。

 

メジャーではレギュラーではないものの、印象に残る活躍をして、シカゴカブスでは選手登録ではないものの、バックアップとしてベンチに帯同。

ムードメーカーとして、バックアップ以上の活躍をして、カブスは世界制覇。

彼もチャンピオンリングを手にしました。

実はこれ、師のイチローが、まだ達成していない快挙なんですよね。

 

現在はまた、ホークスでプレーしています。

復帰発表は、びっくりしましたねぇ!

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20171007032815j:plain

再び、背番号52。

チームは彼のために、誰にもつけさせずに空けておきました。

 

彼の「背番号52」は、「イチローの次の番号」なので、もらった時に大いに喜んだ、って話を聞いたことがあります。

 

でも今は、背番号52は、川崎宗則の番号だと思いますよ!