Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

エキゾーストノート…

八耐、決勝!

68台のマシンが、「8時間先」の、ゴールを目指します。

 

色とりどりのマシン!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170730204908j:image
色の楽しみも、もちろんありますね♪

有力チームはチームカラーがあったりしますし。

でも、もう一つ。

ブログでは表現しづらいのが残念ですが…

 

エキゾーストノート

 

一般の人には騒音である、エンジン音、排気音。

これがモーターファンの耳には、“サウンド”に聞こえるんです。

美化して、「エキゾーストノート」なんて言ったりします。

 

にわかファンの僕ですが、それでもエンジン音がいろいろあるのには、気づきました。

F1並みの甲高いのもあれば、力強い低音のも来ます。

 

きっと、エンジンによって違うんでしょうね。

 

その中に、ひときわ重低音のがいました。

明らかに、他のとは違う。

「ズンズンズン…」って表現が当たっているか、自信はないですが、いかにもオートバイらしい、ズシリと腹に響くサウンドで、ホームストレートを駆け上がっていったのです。

 

一目(一耳?)で、気に入って。

そうなると、もうレース展開なんかそっちのけ。

ひたすら“耳”を研ぎ澄まして、マシンたちを見送る。

 

よく聞くと、2台いることがわかって。

エントリーリストで、エンジンが2つしか出てこないのを探すと…

 

ドゥカティ」!?

聞いたことのないメーカー!

イタリアのメーカーらしい!!

 

チームも判明しました。 

写真は多分、これだと思うけど…

 

61号車は「Team de"LIGHT」
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170730212651j:image

緑のラインが入ります。

 

82号車は「BANNER RACING DUCATI OSAKA EAST」
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170730214312j:image

 

1周のラップは、だいたい2分と10~20秒ぐらい。

それぐらいの間隔で、あの爆裂重低音!が聞けるわけです。

 

知らず知らずに、応援するようになって…

来ないと思って心配してたら…、
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170730215113j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170730215026j:image
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170730215052j:image

ピットストップで安心したり♪

すっかり、魅せられていたのです。

サウンドからですけどね。

 

いつしか、「2台とも無事、チェッカーを受けてほしい!」 

祈るような、気持ちでした。

 

終盤、あと1時間半ぐらい、だったかな?

82号車の音が、聞こえなくなりました。

ランキングも、下がりだして。

 

終盤、ランクが大きく落ちる理由は、一つしかありません。

「何か、あった!?」

しばらくして、スタッフがエンジンのスターターを持って、どこかへ走る!

 

マシンは押されながら、ピットには帰ってきました。

しかし、出てくることはなく…。

 

周回は158周。

完走扱いになるには、トップの75%以上の周回を重ね、かつ、最後はコース上にいて、チェッカーを受ねばなりません。

どちらも、あと一歩で満たすことが出来ず。

残念な結果に終わりました。

 

1時間を切り、残る61号車を一心に追う僕。

ところが、ここでアクシデント発生!

あのサウンドが、帰ってこない!!

 

ランクも落ち、何かあったことは確実。

 

正直、残念で…。

「僕が応援しない方が、良かった!?」

 

残り時間が減っていくと、時間経過はあっという間!

暗くなり、写真も難しくなり…

 

その時!

あの音が、通った!?

「まさか!?」

しばらくして、またその音が!

 

順位表を見て、それが確信に変わる!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170730232729j:image

ちょっとにじんで見づらいけれど、44位の61号車に、「↑」のマーク!

順位が、上がっているのです。

走ってなければ、あり得ない!!

 

もう残りわずか。

多くの人が、ヤマハの、ホンダの、川崎の、スズキのために、カウントダウンをコールするところを、僕はドゥカティの、「Team de"LIGHT」のために、ペンライトを振り、カウントダウンをコール!

 

もちろん、暗くてゴールを見届けられたりなんてしないんですが、見事、8時間を走りきりました!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170730234401j:image

44位。24周遅れは192周です。

アクシデント前は20位台を走ってたから、成績は不本意かも、しれません。

でも、僕の中でのWINNERは、間違いなく「Team de"LIGHT」、ドゥカティのマシンなのです!

 

何かを好きになるには、たいてい何かきっかけがあります。

僕の場合、「鈴鹿サーキット」への興味から、八耐を知り、初めてレース場に足を運んだ。

でも、それだけだったら、バイクレースは今回限りかも、しれません。

 

そこに現れた、ドゥカティのサウンド。

エキゾーストノート

 

このマシンに魅せられ、その2チームを応援できたからこそ、レースがひと回りもふた周りも、おもしろいものになったんです。

 

応援するチームができると、興味は何倍にもなります。

そう、野球のホークスだったり、エアレースの室屋さんだったり。

 

レースの楽しみを何倍にも広げてくれた、ドゥカティとチームには、本当に感謝の念に堪えません。

あのサウンドは、僕の耳をグッと捉えましたよ!

 

ありがとう!

いつかまた、きっと会いに行きます!