Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

背番号7の記憶…

(敬称略)

これも、有名なのは柴田勲かな?

ただ、僕が野球を見だした頃は、全盛を過ぎていました。

巨人なら吉村禎章も長く付けたけど、個人的には売り出しの55番の方が、印象が強いです。

 

パ・リーグに目を向けると…

ホークスの選手では、今は中村晃ですね。

ヒットを打つのも上手いし、なにより選球眼がいいですね。

彼が空振り三振をするのは、相当調子が悪い時です。

僕にとっては上林とともに、「埼玉の星」なんですよ♪

 

ちょっと時代を遡ると、西武の「石毛宏典

若くからショートを守り、チームリーダー、監督、独立リーグの運営と、多彩に活躍していきます。

先頭に立つ、と言うよりは、盛り上げて盛り上げて、みんなで成功しよう!ってタイプだったような気がします。

 

そして、さらに忘れられない選手が、一人。

プレーはほとんど、見たことがないんですが…

 

福本豊」!

 

盗塁なら誰にも負けない!人でしたね~

当時、阪急戦なんて見れなかったんですが、学習雑誌に列伝が載ってて。

 

印象的なくだりが、こちら。

 

単打の練習を繰り返す福本を冷やかした、チームメイトに返した言葉。

 

「ワシはホームランなんかより、ヒットがええんや。ヒットなら、走れっからの~♪」 

 

野球には、こういう考え方もあるのか…

ホームランだけじゃない、三振だけじゃない。

野球の多様性、様々な答に触れて、思えば「野球って面白い!」って思ったのは、この時かも知れません。

 

当時、プロ野球チップスとかで、いろんな選手のプロフィールを知るようになりましたが、これも楽しかった。

数行の寸評ではあったけど、いろんなプロ野球選手に会うことができた。

もちろんその中に、福本豊もいました。

 

僕にとっては、幼い頃からいろんな選手、いろんな答を知ることができたのは、プロ野球の見方を大きく変え、広げるものだったのですよ。

 

広告を非表示にする