Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

時が解決する…

今年、まだ半ば。

すでに、かなりキツい“うつ”を、経験しとります…。

 

何もしたくない。

胸が締め付けられる。

うまくできない自分に苛立つ。

 

自分を責めずにはいられない。

死にたい気持ちが頭から離れない。

自分で自分を殴る。

 

 

うつの間は会社を休んだり、負荷のかかる仕事をやってもらったり。

迷惑も、かけました。

 

でもね…

十数年、うつや躁うつをやっていると、表面上はツラくても、もはや心底では、実は決定的には悲しくない。

 

知ってるから。

うつはいずれ、過ぎ去るものだと。

 

適切に処置すれば、回復は早いです。

けど、そうでなくても、そもそも人間なんて、そんなに長い間、落ち込み続けるなんて出来ない。

落ち込むにも、エネルギーが要るんです。

 

いずれ、落ち込む気力さえも、なくなる時がくる。

こうなると、休むしかない。

落ち込むのさえ、忘れて…。

 

すると、身体はきっと、回復を始めるんですよ。

「自分で自分を痛めつける」要素がなくなりますから。

この兆しを、捉えたいんです。

いい方向に、向かうように。

 

 

初めてうつになった人に言いたいのは、

「とにかく、待って欲しい」

 

何が不安って、先が見通せないのが、一番不安。

それはよくわかるけど、それでも、待って欲しい。

慌てて動いても、あまりいいことは、ないのです。

 

待てば何でも上手くいく、とは言わないけれど、必ず、回復のチャンスが来ます。

それを、捉えるために。

チャンスはきっと何度も来るから、慌てなくても大丈夫。

でも、自分で自分を貶めている間は、チャンスを捉えるのは難しいのです。

 

休んで、力を蓄えて。

狭まった視野を、ちょっと広げてね。

 

そう、うつの時は、視野が極端に狭い。

自分にしか、向いてない。

 

こんな時に、何か大きなことを決めてしまうと、ほとんどの場合、後で後悔します。

 

通院とか、休暇とか、あるいは休職とか、身体を回復させるための措置は、もちろん必要。

だけど、退職とか、離婚とか、別離とか、人生の大きな決断は、待って欲しい。

あなたが周りの人なら、止めてあげて欲しい。

 

これらは一度手放すと、二度と戻ってこないから。

正しい判断が出来ない状態で手放すのは、あまりにももったいないから。

お互いに、とってね。

 

時間に追われて、時間を圧縮して、会社や家族に時間を捧げて、いつしか擦り切れて、自分にはうつが残った、って方、少なくないと言います。

 

それを癒やし、回復させるのも、また「時間」なんですよ。

 

ウチの次長の口癖「時が解決する」

うつ病にとっては、実はこれが真実だったり、するのです。

広告を非表示にする