Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

背番号3の記憶…

(敬称略)

背番号3。

スターが付ける番号ですよね。

 

一番多いのは、長嶋茂雄派かな?

清原和博って人も、いるでしょう。

代打の神様八木裕派も、少なからずいるでしょう。

 

ホークスでは、今は松田宣浩

同じ三塁手の長嶋さんに憧れていて、念願の背番号だったそうです。

その前は松中信彦

三冠王も取ったし、長く中軸打者として活躍を続けました。

 

でも僕にとっての背番号3は、この人を置いていません。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170531223226j:image

佐々木誠

 

入ったのは南海時代じゃないかな?

ダイエー時代に頭角を現し、打って守って走って、ホント応援歌の通り、「核弾頭」の活躍を見せました。

首位打者盗塁王も取ったし、とにかくよく打った。

足を大きく上げる、独特の打法ながら、右に左に見事に打ち分けました。

 

僕が最初にファンになったのは、原辰徳

初めてプロ野球を見るようになったのが、小学4年生の頃。

その年、ルーキーでは行って活躍したのが、原辰徳でした。

かっこよかったしね!

 

高校生までは鹿児島にいたこともあったし、夜遅いスポーツニュースはまだ見られなかったので、自分的にも情報量的にも、巨人中心のプロ野球でした。

でも、大学生で一人暮らしになって、テレビの選択が自由になった。

 

フジテレビの「プロ野球ニュース」を通じて、少しずつ、巨人以外の野球の情報が、入ってくるようになったんです。

 

ホークスはその頃、九州に移ったチームでもありますし、愛着が湧くようになった。

そこできら星のように活躍していたのが、佐々木誠だったんですよ。

 

プレースタイルは全然違うけど、ファンになったきっかけは、よく似てるような気がします。

 

そのうち僕はアンチ巨人になり、佐々木もまさかの電撃トレードで、西武へ行ってしまったけど、原だけは、佐々木だけは、秘かに応援していましたね。

 

今年からは、佐々木は三軍の監督です。

二軍でも出場機会に恵まれない選手に、実戦経験を積ませること。

一芸に秀でた選手を育てるために、時には勝利度外視の器用もあると言います。

佐々木自身も個性派でしたしね。

多様な人材を、二軍へ、そして一軍へ、送り出してくれることでしょう。