読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「リ」の記憶…

このシリーズも、あとわずかになってきました。

「リ」は土、正確には砂利を運搬する車両です。

「ジャリ」のリで、いいようですね。

 

今はバラスト(線路際の石)はホッパー車を使いますが、その前はこの土運車を使ったようです。

荷台を左右に傾けて、一気に荷下ろしできるのが特徴でした。

 

かつて、川からは大量の砂利が採取され、コンクリートの材料になったり、砕石を道路などの地盤にしたりと、様々な場面で使われました。

鉄道会社の中には、砂利の採取や運搬が、大きな収入源になっていたところも、少なくありません。

 

しかし、あまりにも大量の砂利が採取された結果、護岸が壊れたり橋脚が傾いたりする危険が出てきたため、現在は河川での砂利採掘は、ほぼ禁止になっています。

…となると、この車両は役割を失ってしまうわけです。

1980年代には全廃されており、今は歴史の一ページです。