読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「ヨ」の記憶…

以前、「緩急車」を扱いました。

ブレーキのある車両です。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

「フ」は、客を乗せたり貨物を積んだりした上で、ブレーキも装備した車両ですが、中には客も貨物も一切乗せず、詰め所とブレーキのみって車両もありました。

主に貨物列車の最後尾に付いてましたね。

そんな車両に、この「ヨ」が付いたわけです。

 

「シャショウ」の「ヨ」かな?って思ってたんですが、どうも違うようで、「ヨウム(用務)」の「ヨ」だそうです。

 

“用務”と言うと、学校の用務員さんを思い浮かべますが、用務とは、「果たすべき(細々とした)仕事」

縁の下の力持ち、ってとこは、同じかな?

 

今は編成すべてのブレーキを、運転士が一括で操作できますから、もう車掌車(緩急車)の出番はないんですが、中には暖房さえもなくて、「寒泣車」なんて、泣ける車両もあったそうですよ。

 

今は改善もされてるでしょうけど、運転系の職場環境は、実は客が思う以上に劣悪だったりも、するようです…。