読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

分解再組立…

Excelについて、よく聞かれます。

公でも、私でも。

 

たいていは、答えられますよ。

数式、作表、デザイン、…。

新機能なんかも、ちょっとネットを引けば、なんとか。

 

一方、運動面はからっきし。

お手本を示してもらっても、その通りに出来ない。

教わる以前の、問題です。

 

どうしてこうも、違うのか。

 

運動は、お手本の動きを自分の体の動きに、当てはめることが出来ない。

 

結局、動きと言っても、小さな動作の連続。

その「手順」を組み立てられれば、お手本を再現出来るわけですが、これが、できてないわけです。

 

タイトルにした「分解再組立」。

お手本をばらして、自分なりに手順として組立て直す。

物事を理解する、過程だと思うのです。

 

僕もできます。

Excelや、ExcelVBAなら。

 

相手がExcelで何をやりたいのか?

それはExcelのどの機能を使えば可能なのか?

実現するには数式でいいのか、マクロを組む必要があるのか、あるいは膨大な手作業なのか?

 

だいたい、見積もれますね。

Excel16年、プログラミング34年の経験が、答えを出してくれる。

 

それはきっと、要求を分解して、Excelに当てはめ、手順を組み立てられるから、なんです。

 

恐らく、皆さんが持つ、誰にも負けない「特技」や、研究しつくした「趣味」などには、この能力が宿ってるんだと思います。

きっと誰か特別にあるんじゃない。

誰でも会得できる能力だと思いますよ♪

 

ちなみに…

 

理解した手順を、誰か他の人に教える。

これは、また別の能力になります。

理解した手順を、確実に伝えなければなりませんが、そもそも相手は「知らないことを学ぶ」のです。

相手の理解度は多種多様!なので、すり合わせながらのレクチャーが必要になります。

 

時には、どこがわからないかの探索も必要ですから、こういった手間をかけられない人は、教えるのに向きません。

 

「名選手は名コーチに非ず」という言葉は、これをよく表していますね。

 

ただ、中には選手としては泣かず飛ばずだったのに、コーチ業では手腕を発揮する方もいらっしゃいます。

マネジメント能力に長け、監督で活躍する方も。

 

やっぱり人には、適材適所ってものがあると、思います♪