読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

機械日本語…

押上駅にて。

スカイツリーのある駅です。

外国人の観光客も、たくさん来ます。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170408130814j:image

「身軽に、観光したい!」

これは、万国共通ですね。

外国人だって、コインロッカーを利用します。

 

でも、最近のはなかなかに、難解で!

今は硬貨投入口が一カ所だったり、PASMOが鍵代わりだったり。

ちょっともたつくと、

「一定時間操作がないので、中止しました。荷物を出して下さい!」なんて、えらいまたせっかちなアナウンス!!

 

こりゃ日本人でも、慣れてないと混乱しそう…。

日本人にとっても、便利さ10倍、難解さ10倍だったり、するのです。

 

でも、今時のコインロッカーは、彼らにとって“福音”のようなボタンが、準備されています♪

 

「English」ボタン

 

押すとガイダンスが、英語に!

多分タッチパネルも、英語!

 

「我が意を得たり♪」

なかなか預けられずに迷っていた、インド系の男性2人組は、英語を頼りにあっさり操作に成功!

涼しい顔で去っていきましたよ♪

 

もしかしたら、他国語もあるかもしれませんね。

日本人のことだから…。

 

日本に移住した外国人によると、日本語を学ぶ上で一番役に立ったのは、

「機械が喋るガイダンス」

だったと、聞いたことがあります。

 

自らが遭遇したあらゆる場面で、声優さんの聞きやすい、正しくて的確な日本語“だけ”を喋るのは、券売機や自動改札、駅の案内放送、ATM、駐車券の発券機といった、“機械”たちをおいて他はない、と言います。

思いっきり実用的、実践的だし、多くは視覚的な案内を伴いますから、尚更理解しやすいでしょう。

 

ただし、それはあくまで“日本語”

一時的な旅行者にとっては、やっぱり母国語か、それに近い言葉で喋ってもらった方が、遥かにわかりやすいわけです。

可能であれば。

 

もちろん、すべての機械が外国語対応するわけではありません。

 

それでも…、

日本を訪れる外国人旅行者の方には、日本でのスムーズな旅を祈りつつ、このどこにでも流れてる「機械日本語」も、土産話の一つに持ち帰ってもらえると、うれしいな~なんて、思います。