読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

下見…

ちょっと前ですが…

 

4月頭に行った、押上文庫。

実はこの日は、下見。

 

えっ、いつも行く店じゃないの??

 

いえね、ある企み?があって。

4,000円のコースを注文しました。

5,500円のコースは経験済みなんですが、4,000円に落とすとどうなるか?

 

酒を注文して、スタート!

 

春らしい前菜。

ほたるいかもふきのとうも、春を告げる食材です。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170408023917j:image

鶏に塗られた“梅餡”も、中々のポイント♪


f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170408023934j:image

ここのお造りは、定評があります。

 

煮物(かな?)

この頃から酔いも回って、いい感じに♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170408024001j:image

 

これはジャーキーだったかな?

車掌さん他、ご常連も集まって(独り者ばかり!?)、賑やかに♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170408024021j:image

 

このきのこ尽くしが、またよくて!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170408024144j:image

 

締めはメニーにもある、稲庭うどん

…と、トマトソースの出会い!

コースならではの変化球を、見せていただきました♪
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170408024046j:image

結構、ボリュームありましたね。

どっかで追加注文を…なんてよこしま?な考えは、全然必要なかった。

 

あの企みには、十分使えるという判断となりました~♪

 

…つうか。。。

気に入った!

普通に頼んでも、いいな!

 

日程さえ決まれば、前日に連絡すればいい。

ふらっと現れて、単品で攻める楽しみもあるけど、コースはそれとは別に、お得感があります。

お酒が1本余計に飲めるし!

南栗橋行きには注意しないといけないけど)

 

飲み主体の場合は、4,000円のコース、

がっつり食べたいときは5,500円のコースと、使い分けてね。

 

もっと気軽に、コースを利用してもいいかもしれません。