読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「マ」の記憶…

客車の重量を表す記号です。

42.5tから、47.5t未満。

鉄道車両でも重い部類に入り、語源は「マキシマム」説、「まさに大きい」説などがあるそうです。

 

僕が知ってるのは、5つかな。

碓氷峠鉄道文化むら」で、写真が残っていました。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170404001650j:plain

マイネ40は、戦後初の一等寝台車だそうですよ。

白帯は、一等車を表します。

 

今の「ななつ星」(JR九州)も、マイネ77などで構成されてるようですね。

 

後は、写真がなくて恐縮ですが…

マイテ49も、有名になりました。

展望室がついてる一等車です。

この手の特別仕様車は、やっぱり鉄などの金属を多く使ったり、車輪を増やしたり、水タンクや冷房など、サービス機器がたくさん載ったりするので、重くなりがちと聞きました。

 

荷物車のマニ50も、50系客車と共に、随分作られました。

客車は赤くて、「レッドトレイン」なんて呼ばれましたが、マニ50は藍色

好対照でした。

積める荷物は14tもあり、満載すると、マ級になるんだそうです。

 

通称「マヤ検」こと、マヤ34軌道検測車も、鉄道を陰で支える車両。

レールの歪みを検知するための車両で、列車が安全に線路を走るには、なくてはならない車両です。

 

ただ、重いわけでないのですね。

誰かさんと違って…。