読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

File already existsの記憶…

エラー番号65。

NAME文でファイル名を変えようとしたとき、その名前が既にあると、このエラーが出ます。

 

確かに、同じ名前のファイルは、少なくとも同一ディレクトリには存在できないので、処理側としてもいかんともしがたく、エラーを出すしかないのでしょう。

保存の場合はどうだったかなぁ…。

今は上書き保存ができますが、この当時は「Bad file name」あたりで、止められたかも知れません。

 

名前変更の場合は、今もエラーだったと思います。

 

ExcelVBAで、ファイルを新たに作ることがあります。

ログファイルはその都度作ってますし、データが月単位の場合、翌月用の空のファイルを作ることもあります。

 

通常、Dir関数で、そのファイル名が存在するかどうかを確かめてから、ファイルを作るんですが、ログファイルなどではめんどくさいので、あるテを使います。

 

ファイル名に、作成する日付時刻を表す文字列を、くっつけてしまうんです。

 

ファイルを作るときの年・月・日・時間・分・秒を取得して、定型の文字列に仕立てて、本来のファイル名につなげます。

こうすると、同じ日付時刻は二度とないので、絶対に違う名前のファイル名になるんです。

 

まぁ、今でこその手法ではありますけどね。

当時はファイル名に使えたのは、若干8文字まで、それに拡張子が3文字だったと記憶しています。

 

当時のファイル名管理は、大変だったでしょうね。