読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「へ」の記憶…

今は存在しない客車です。

存在しては、いけないかも。

病客車。

「シッペイ(疾病)」の「へ」です。

 

今の方は「救急車」のような客車を想像するかも知れませんが、実際には戦争の傷病兵を輸送するための客車でした。

日露戦争あたりから作られ、日中戦争時には大量増備。戦後もGHQの要請があり、朝鮮戦争まで使用されたそうです。

 

担架のまま乗車可能で、病院や療養所に送られたそうで、当時はハンセン病患者の輸送にも使われたそうです。

戦争では精神的にダメージを受ける兵士も増えるわけで、それなりの装備を設けた車両もありました。

もちろん軍なんで、階級によって一等病客車、二等病客車、三等病客車があり、使える客車が決まっていたそうです。

 

この車両が展示目的以外で復活、再度活躍しないことを祈ります。