読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

File already openの記憶…

エラー 記憶 パソコン 人生

エラー番号54。

OPEN文で開こうとしたファイルが、既に開いていると、このエラーが出るんですが…、

 

そんな「石橋を叩いて渡る」ような人、いるかしら?

 

まぁ、あり得ることはあり得るので、エラーとしては用意しとかなきゃいけないと思いますが。

 

プログラムを組むとき、見るだけの環境プログラムとかでない限り、ユーザーとの対話、つまり入出力を伴います。

その時、こちらの意図通りにみんな入力してくれればいいですが、実際にはそうではありません。

間違った、意味のない値を入れたり、中には入力フォームを消してしまったり。

 

そんな時でも誤動作しないように、プログラムを組むことが求められるわけです。

なので、プログラムのテストなんかでは、わざと間違った値を入れてみたり、へんなことをやってみたりして、プログラムに支障がないか、確かめたりするんですよ。

 

これは僕も含めた、思い込みですが…

 

プログラミング経験者って、どうしてもありとあらゆることを想定して、ああ来たらこうする、こう来たらああするって、それこそ“プログラム”が書けてないと、行動に移せない人が多いような気がします。

聞けばいいのに取り越し苦労したりね。

ついつい消極的になったりするのは、僕だけ?

 

でも、プログラムには逆もありまして。

「エラーが起こるかも知れないけど、とりあえず無視してやらせてみて、もしエラーになっちゃったら対処する」

入出力ではこの手法も、欠かせないのです。

何が入ってくるか、わからないですから。

 

何が来るかわからない。

多分、人を一番不安にさせる状況でしょう。

対処が難しい、というか、不可能に近いですから。

そんな時は、「えいやっ」と進んでしまうことも、時には必要なのかも知れません。

 

あっ、暴発して戦争!!ってのは、ナシですよ!

そんな時でも、冷静さは失ってはなりませんよね。