読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

1990年の記憶…

鉄道 旅行 記憶 自分

当時18歳。

年が明け、いよいよ受験本番がスタートです。

 

センター試験は、鹿児島大学で。

名前だけは、ちゃんと書きました…

 

二次試験は、旅行を伴います。

まず受けるのは、A日程の筑波大学

宿では同じ大学を受ける受験生と一緒になったので、一緒に行きました。

ちょっと、和んだのを覚えています。

現地のバスが、整理券を取るたびに「チーン!!」って音がするのを、覚えてて。

でも、受験中は後半から、トイレに行きたくなって。

しかも、おっきい方!!

 

試験の合間の時間はわずかしかないので、しゃがんでたら間に合わない!?

最後まで、必死にガマンしました…。

でも、集中できるわけもなく。

ウンを流すことと?相成りました…。

 

後期日程は、信州大学

松本です。

 

宿になった「ホテルサンルート松本」には、レストランとして「スエヒロ5」が入ってて!

綾瀬市在住時、海老名に会ったステーキ店で、よく行ったお店でした。

肉のパワーのおかげか?今度は手応えがありました。

 

受験から解放された帰りは、もう旅行気分!

松本からは「しなの」で名古屋へ。

振り子電車を体験しました。

名古屋から博多は、当時の最新鋭新幹線、猫目の100系

今でも、新幹線の中では一番好きですね♪

そして、西鹿児島まではこれまた最新鋭!

JR九州の「ハイパー有明」で、すっかりいい気分で帰ってくると…

 

家族から懇々と予備校の話をされて、凹んだのを覚えています。

 

でも、届けられたレタックスには、僕の名前がありました♪

舞台は松本へと移ります。

 

松本での下宿先は、ここ。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170311081418j:plain

「浅間ハイツ」

当時は男性専用、信大生用の宿舎です。

信大はたこ足大学で、学生の半数が2年生になるとに引っ越すので、短期でいられるところとして、重宝されていました。

もちろん、僕らのように卒業までいてもいいわけです。

 

管理人の方や、宿の先輩、出入の電器屋さんが世話を焼いてくれて、引っ越しはスムーズに済みました。

入学式が終わり、親が帰ると、いよいよ一人暮らしの始まり。

ちょっと不安でしたが、すぐに慣れました。

誰にも文句を言われない、「僕の城」気分が、味わえたわけです♪

 

最初は旅行系のサークル「ユースホステルクラブ」に所属して、結構先輩や同級生とも交流がありました。

自転車なんかで遠くに旅行したりね。

上高地の急坂では、死ぬかと思ったけど…。

でも、自転車は「下るために上る」ものだと知りましたね。

「人生下り坂サイコー!!」ってわけです。

 

最初は飲めなかったお酒も、少しずつ慣れてね。

でも、成人するまでは、「自分からは酒を買わない」ってのは貫きましたよ。

 

次の年は、こちら

 

前の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp