読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

Disk offlineの記憶…

エラー番号70。

その名の通り、「フロッピーディスクが入っていない」と、このエラーが起きました。

 

フロッピーディスクには、8インチ、5.25インチ(5インチ)、3.5インチ、2インチなどがありました。

8インチや5.25インチはペナペナで、いかにも「脆弱な」感じがします。

3.5インチは、硬いジャケットに自動開閉シャッターを装備、専門家でなくても扱えるようなったので、爆発的に普及しました。

 

2インチはソニーだったかな?

小型化のためだったような気がします。

 

データベースをディスク上に置いて、望みの場所を読み書きする「ランダムアクセス」な使い方は、素人では直接はなかったかも知れませんでしたが(市販ソフトは使ってたでしょうが)、ディスク上にあるファイルをいっぺんに表示し、望みのファイルを読み書きする使い方だけでも、それまでのカセットテープに比べたら、十分便利でした。

カセットで似たことをやろうとすると、大体のところに当たりを付けて早送りして、信号音が鳴ったら一旦無音部分まで戻して、パソコンを読み込み状態にして読ませてみて、合ってたらOK、って手続きが必要でした。

 

そう言えば、似たような仕組みに「クイックディスク(QD)」というものがありました。

ファミコンディスクシステムが、この方式で、硬いジャケットに円盤が入っています。

しかし、QDはランダムアクセスは出来ません。

カセットと同じく、順番にしか読めません。

ただし、カセットに比べれば、遥かに高速。

プログラム実行中にディスクアクセスをしない、という前提であれば、これでも十分に商品価値はあったのです。

 

変わったところでは、メモリーディスク(RAMディスク)なんてものも。

媒体?ありません。

パソコン本体のメモリーのうち、通常使わない部分をディスクに見立ててマッピングして、記憶装置として使うことが出来ました。

ただ、電源切ると消えちゃうので、あまり実用的ではなかったような…。

 

いずれにしても、ディスクが入っていないと、このエラーが出るには、変わりありません…。