読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

合間の小旅行…

お店・施設 人生 旅行 自分 音楽・芸術 鉄道

信濃の旅行中です。

小布施の取材♪

 

長野は松本在住なのに、何故小布施?

 

実はバイトで、早番遅番のダブルヘッダーで、働いてたことがありまして。

勤務の合間は家へ帰ったり、大学行ったりするんですが、ある日、この時間を使って旅行が出来ないかと、計画したのが小布施行きだったんです。

 

当時も松本から電車…、バスかも?

北斎の肉筆画に感動して、帰ったらまた仕事。

長かったけど、楽しく充実した、一日だったんです♪

 

そして今日、再びあの時に、帰る旅!

長野電鉄は、この車両!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170304131843j:image

長野に来る前は、東京の日比谷線東武線で、バリバリ働いてたんですよ。

 幼い頃、随分乗りました♪

 

ドアが開く音を覚えてたりね!

ガラガラガラ… そう、開ける音に特徴がありました♪ こういう記憶は、なくならない! 元帝都高速度交通営団3000系 長野電鉄3508号車 3/4撮影

 

着きました~♪

小布施駅
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170304132453j:image

 

街はあの時と比べると、静か。

オフシーズンですからね~
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170304132558j:image

 

でも、ここだけは押さえたくて。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170304132424j:image
北斎館。

僕が生まれて初めて、“自分の意志で”入った、美術館なんです。

 

あの時の知識では、北斎は浮世絵師。

永谷園のお茶漬け海苔に、たまに名画カードとして、入ってたかな~、って程度でした。

 

ところが入ってみると、館内で推してたのは、肉筆画。

あれっ?って思って。

実は北斎は、晩年はむしろ、肉筆画に傾倒。

多くの肉筆画を、在住の小布施に残しているのです。

数々の肉筆画の他に、祭の屋台の天井画なんかも飾ってあって!

感動したのを覚えています。

 

今は知識は少しはある分、大きな感動こそないけれど、やっぱり素晴らしいです。

 

上手く表現できないけれど、それまで教科書で習ってきた絵とは、ひと味違う。

フィット感がするような気がしました。

 

今日は時間がなく、あとはお土産買って、おしまい。

 

でも、あの時も、時間を気にしながらの旅だったはずです。

 

再現という意味では、できたかも知れませんね♪