読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

タイムリー…

SNS 出来事 趣味 択一問題 鉄道

3月といえば、卒業、異動、別離、…

「別れの季節」です。

 

 この日の問題は…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170302084643j:image

時刻表ガチャポン!

 

そう、3月はダイヤ改正の時期なのです。

イムリーでしょ?

 

選択肢はこちら。

【1925年4月】

東海道山陽本線の複線化が進んでいる頃の改正だそうです。

「汽車時刻表」は、この時創刊です。

【1967年10月】

表紙の「寝台電車」が登場しました。

夜行だけでなく、昼間の特急にも使い、馬車馬のように働いたそうです。

【1968年10月】

 「ヨンサントオ」と呼ばれる大きな改正で、特急化、電車化で、各地で所要時間が短縮されました。

 【1972年10月】

この頃はダイヤ改正が年2回あったようで、春には山陽新幹線が岡山まで開業。

10月には米原から北陸、新潟、西東北を通る「日本海縦貫線」が、全線電化。

高頻度運転を行う「エル特急」も登場しました。

ここで、「日本鉄道100年」を迎えています。

【1978年10月】

「ゴーサントオ」と呼ばれる、これまた大きな改正だそうで。

急行の特急化で「値上げ特急」なんて言われたり。

 「くろしお」号みたいに、振り子電車でスピードアップした列車も、ありましたけどね。

特急のイラストマークも、この改正から。

華やかな陰で、貨物列車は大幅に縮小されました。

 

 答えは…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170302150525j:image

 

「1925年4月」でした~!

 

当時はまだ、D51も登場前。

キューロク(9600)、ハチロク(8620)が、主力で働いてる頃でした。

 

中には、お母様が1925年(大正14年)生まれとか、挙げた時刻表をほとんど持ってる!なんて方も。

 

なかなか楽しい企画になりましたよ♪