読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

降りる…

ゲームのお話。

 

昔、「クレイジークライマー」というゲームがありました。

アーケードゲームです。

 

クライマーが登るのは、高層ビル!

しかも内部ではなくて、外壁!!

窓枠に手をかけて、懸垂の力だけで、登っていきます。

 

窓枠にはガラス窓があり、閉まるとそこには手をかけられない。

窓は開いたり閉まったりするので、両手とも窓を閉められてしまったら、落っこちてしまいます。

 

さらには壺や植木鉢、鳥の糞や卵、コングのパンチ、鉄骨やバーベル、しまいには看板まで落ちてくるので、必死になってかわさなければならない、とんでもない設定。

キャラの縮尺もまちまちで、「不条理!」なんて言われましたが、レバーが2本要る特殊筐体の割には、あちこちで見かけました。

 

ひたすら登って、屋上へ出ると、ヘリコプターが飛びながら待っていて、脚につかまれば助かって、面クリアでしたが、実は「降りること」も出来ました。

 

閉まってる窓には手をかけられないので、手が窓をなでるように、レバーを上から下へ下ろすと、上に上げていた手を、一段下に下ろすことが出来ました。

 

両手でこれを実行してから、レバーを左右同時に上へ!

万歳のポーズになれば、画面が逆スクロール!

大成功です♪

 

ゲーム会社としては想定外の動きですから、点が入るわけでもなく。

今だったら、世に出る前に

直されてしまうかも知れない。

でも、昔のゲームでは時たまあることで、こういうのが楽しかったなぁ…。

 

もしかしたらゲーム会社側も、決定的な不具合でなければ通しちゃう、大らかさがあったかも知れませんね。

 

ちなみに…、

僕自身は一度も成功しておりません。

 

ひたすらギャラリー、だったのでした…。