読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

Sequential I/O onlyの記憶…

エラー番号58。

「シーケンシャルファイルに対して、ランダムアクセスファイル用のコマンドを使おうとした」

 

多分、何のことかわからないと思いますが、ファイルタイプについてはこちらにも書いてます。

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

「シーケンシャル」には「連続に、順序通りに」という意味があり、ファイルを

最初から順番通りに読み書きします。

「単語帳」を順番通りに読むと、この読み書きになります。

 

そもそも、カセットテープのような媒体では、この入出力方法しかとれませんが、フロッピーディスクなどであっても、場所を気にしない分、高速ではあったはずです。

 

一方、「ランダムアクセスファイル」は、好きな場所のデータを読み書きできます。

「キャンバス」みたいに、好きな場所のデータを読み書きできます。

フロッピーディスクでは、この読み書きが出来ました。

命令は、PUT、GET等だったと思います。

 

ディスクは記憶部分が円盤状になっていますので、何番目の円弧の何文字め、って指定すると、読取りヘッドが、まず指定の円弧を読める場所まで移動します。

ディスクは回転しているので、望みの場所がヘッドに来たタイミングで、データを読み書きするわけです。

 

この命令を、カセットなどのファイルに使おうとすると、このエラーが出たわけです。

 

…あんまり、出ないと思うけど。。。

ファイルのタイプは、ファイルを開けるときに指定しますからね。

あるとしたら、複数のファイルを開けたとき、ファイル番号を間違えたときぐらいかな?

 

どっちにしろ、フロッピーディスクドライブを持ってないと、PUTもGETも使いようがないわけで、ERROR文以外では出せないエラーでした。

 

今は忘れられたメディアかも知れませんけど、フロッピーディスクドライブは当時、「高嶺の花」だったんですよ!