読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「ヌ」の記憶…

「ヌ」なんて、普段でもあまり使わないのに、あるの?

 

あるんです。

正確には「あった」ですが…。

 

「暖房車」に付きました。

語源は「温める」

ただ、暖房装置を乗せた客車では、ありません。

 

こんな事情が、あったそうです。

 

かつて、機関車に牽引されて走る客車は、暖房装置を搭載していませんでした。

機関車は蒸気機関車

蒸気機関車から発生する蒸気を利用して、編成に引き通して、車内を暖めていたのです。

うまい転用ですよね♪

 

ところが、無煙化の一環で機関車が電気機関車ディーゼル機関車になると、編成に引き通す蒸気がありません。

こうなると、客車が暖房できなくなってしまいます。

 

そこで、客車暖房のため“だけ”に、ボイラーを積んで蒸気を作る車両が造られました。

それが、本車両ってわけです。

でも実際のところ、編成に蒸気機関車を1両余計につないでいるようなもので、煙も出ますし、重さもありますから、牽引できる客車が、少なくなってしまいます。

 

これでは、電気機関車無煙化する意味は、全くないわけで。

 

程なく、機関車側にボイラーを積んだものが登場し、「ヌ」はお役御免となったわけでした。

 

「暖房車」と言えば、こんな記憶も。

若い頃、松本から鹿児島へ帰るのに、両端は急行「ちくま」と「かいもん」を使うものの、その間の大阪から門司は、全て普通列車で帰ったことがありました。

暑い夏の日の、大移動でした。

岡山から乗り継いだのは、長距離鈍行列車の下関行き。

一番暑い日中、確か数時間は乗る電車ですが、やってきたのは、冷房非搭載車。

「暑かった!!」ですねぇ~!!

 

当時、こういう非冷房車を、「暖房車」なんて揶揄したわけです。

20年も前はまだまだ、冷房は当たり前の装置ではなかったんですよ!