読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

完璧…

VBAのプログラムは、あと一息。

でも、大方の機能は搭載が叶って、各種資料出力用として、とりあえず使用に耐えるようになりました♪

 

上司にも、ほぼほぼOKもらいましたよ♪

あちこち、修正したけど。

 

もちろん、今までも何回か、試作や途中経過を上司に見せて、確認を取ります。

実際に使うのは、上司だったりさらに上だったり、あるいは支店長だったり。

いろんな人が使う以上、複数の目線が必要なのです。

 

最終形を見せたのは、一昨日かな?

最終形なのに、僕ったら結構いい加減で。

一発で通ることは、まずありません。

プログラムは動くように調整はするけど、特に出力部分は、あれが違ってたり、これが違ってたり。

時には、データを書く場所が入り組んでたり!

かなり、致命的です…。

 

でも最近は、たとえ最終形であっても、過度に完璧を目指さなくてもいいかのな、と。

むしろ、完璧じゃない方が、いいのかも、なんてね。

 

「そもそも完璧なんて無理!」っていう、能力的な問題はともかく?

見た目、完璧そうな原稿と、ぱっと見で間違い箇所がわかる原稿、どっちを真剣に校正します?

 

その人のタイプにも、間違いの量にもよりますが、僕は、後者だと思う。

 

完璧に見える原稿は、敢えて見る必要がないと、つい疎かになってしまうような気がしましてね。

 

まぁ、わざと間違わなくても、体裁部分なんて、感じ方は人それぞれ。

どっかに気に入らないところが出てくる。

同じ効果が、あるわけです。

 

それに、データの入り組なんて、下っ端の僕なんかより、日々売上データとにらめっこしてる上司の方が、遙かに発見確率が高い。

ある程度形になったら、ウンウン唸ってるよりも、とっとと他人に見せた方が、事前にミスが発見されやすいのです。

 

ミスが発見できれば、直すチャンスがある。

多少他に影響がでても、修正する時間もあるわけです。

 

怒られまいと、時間をかけて完璧を期して、運用直前に上司をパス。直後に致命的なミスが発見されるのが、最悪なパターン。

こんな状態では、直るものも直りません。

 

でも過去には、そんな経験もありましたね~

職種上、SE、エンジニア、プログラマー、どれを取ってもプロと言うには微妙だけど、それなりの経験は、積んできてるわけです。