読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「ト」の記憶…

貨車につく記号です。

「トラックのト」

日本では、無蓋車に付きます。

 

「むがいしゃ」と読みますが、もちろん、別に害がないわけじゃなく(ないけど)、漢字の通り蓋がない、つまりオープンな一般貨車でした。

覆い等はしますけど、基本、濡れても平気な貨物を運びました。

何でしょうね。

鉱石とか、切られた木材とか、何かの材料かな?

 

重量記号のバリエーションもありまして。

 

トキ(積載25トン以上)は、岐阜県土岐市)専用?それとも新潟??

トラ(17~19トン)は阪神ファン御用達???

外国出身?のトム(14~16トン)はいましたが、四国生まれのトサ(20~24トン)?は、残念ながらいなかった…??

 

すみません、冗談が過ぎました…。

 

近年、鉄道貨物はコンテナに集約されたので、両数の多かった有蓋車や無蓋車は余剰になり、転用されたり、売りに出されるものも出ました。

有蓋車は屋根がありますから、建物になったり倉庫になったり、北海道では駅舎に使われた例もあるそうですが、屋根のない無蓋車は、なかなか引き取り手がなかったそう。

四国などでは簡易な屋根を付けて、納涼トロッコ列車に仕立てられた仲間も、いたそうです。

でも、客車の記号、トラだからコハ?にはならず、トラのまま働いたそうですよ。