読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

1983年の記憶…

前の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

当時11歳。

小学校6年生になりました。

 

ここでサッカーを辞めて、塾へ行くことになりました。

中学生が近いことは、わかってましたから、ちょっと大人にさせられた気分?

 

この年も旅行に行っています。

行先は能登半島。

今度は家族揃って!

 

小田原から、初めて新幹線に乗りました。

「こだま」だったけど、これがうれしくって!

 

米原からは特急「加越3号」

食堂車こそなかったものの、表定速度80km/hを超える、当時の国鉄特急でも屈指の俊足列車でした。

 

泊まったのは、羽咋市の民宿。

前半は天気が悪かったけど、徐々に回復して。

海では波乗りなんかしたりして、楽しく遊びました♪

 

1日は定期観光に。

 

妙成寺の五重塔

見事な造りです。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170109222238j:image

 

機具岩(はたごいわ)と言います。

おめでたい夫婦岩
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170109222254j:image

 

こちらは総持寺

立派な山門が残ります。
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170109222305j:image

 

輪島塗のお店でゴール。

いわゆる“観光旅行”は、多分これが初めてだったかと思います。

 

その後も海で遊び足らず…
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170109222319j:image

 

この後、岩場で「オコゼ」を踏んで、激痛に悶えることになるんですが。

死ぬかと思いましたよ。

 

でも、監視員の方は慣れていて、お湯に足を付けると…

 

これが「ウソのように」痛みが引いたのを覚えています。

不思議な、体験でした。

 

旅行も終盤になって、ある知らせが。

祖父が亡くなったんです。

 

急遽日程を変えて、新潟へ。

この時乗ったのが、特急「白鳥1号」でした。

この列車も食堂車が…なんて、余計なことを考えてましたね。

急行「しらゆき」の格上げ特急で、始発は福井(青森行き)。

食堂車がない特急でした。

 

葬儀を済ませて帰宅後、紀行文にして、学校で発表しています。

残ってないのが残念ですが…

残ってた!!
f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20170109230423j:image
 

僕が書いた、ブログの1ページ目、かも知れませんね。

 

次の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp