読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「ス」の記憶・2…

貨車につくと、「鉄側有蓋車」になります。

昭和初期の、車両です。

 

大正頃から、それまで木製だった有蓋車(箱型の一般貨車)を、鋼製に置き換えていく取り組みが始まりました。

まず、壁の部分を鉄にした貨車が、登場しました。

 

丈夫になる分、積載量とか安定輸送とか、いろいろメリットは考えられますが、いざ造ってみると、決定的な欠点が一つ。

 

断熱性が、ないのです。

夏は灼熱、冬は極寒。

こんな環境では、当時の主力貨物、お米の輸送は出来ないのです。

 

結局、内側に木板を張ることで解決、今の有蓋車の原型になるんですが、これがない貨車は、温度管理が必要がある貨物は積めないことを知らしめるために、鉄側有蓋車「ス」として区分されることになりました。

 

一種の「レッテル」だったのですね。

 

それでも、石灰などを運ぶにはこれで十分と、私鉄では戦後も造られたそうですよ。

 

貨車改良の歴史の1ページとして、記憶に留めておくことにします。