読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「ウ」の記憶…

記憶 鉄道 文字

鉄道車両につく記号で、“ウ”って何だろう?って思ってみたら…

 

何だと思います?

 

答は「豚積車」!

そう、背の低い家畜(いわゆる豚)を、生きたまま運ぶための、車両なんです。

上下二段に、積むことが出来ます。

また、特殊装備として、散水するための設備や、人夫の詰め所まで、あるのです。

 

豚って実は繊細で、きれい好きなんだとか。

ただ太ってるだけじゃ、ないんです。

 

昔は流通の事情から、肉を鮮度を保ったまま運ぶのが、難しかった。

そこで、生きたまま運んで、消費地近くでと殺していたんです。

 

今は流通が良くなり、生産地でと殺出来るようになったので、この車両もお役御免になったわけです。

 

ところで、「ウ」の語源ですが…、

 「ウシ」の「ウ」だそうです。

Wikipediaによると、 本当は既存の家畜車の記号「カ」を変更して、豚積車に与えるはずだったのが、家畜車の両数が多く、記号の書き換えが大変、と言うことで、家畜車に新たに与えられるはずだった、「ウ」になったそうです。

 

鳴き声の「ブウブウ」から来ているとの説がありましたが、違うそうです。