読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

「イ」の記憶…

「イ」は、客車に使う記号です。

用途は、「一等車」!

最も豪華な車両だったようです。

料金も破格で、特急料金は三等車の3倍、さらに運賃も高く、三等車の約4倍の料金を支払う必要がありました。

もっとも、それなりの地位のある人でないと、乗ってから気まずい思いをする、と聞いたことがあります。

鉄道好きが物見遊山的に乗れる車両では、なかったようです。

 

ちなみに、一等車は白帯を巻いており、きっぷも白かったそうです。

 

なお、「一等の“イ”」ではなく、「イロハの“イ”」。

いずれやりますが、よく列車に「クハ」とか「モハ」とか付いている記号の“ハ”は、「イロハの“ハ”」、つまり三等車が語源なんですよ。

 

そう言えば、最近出たJR九州の「ななつ星」が、「マイネ77」などを名乗ります。

久々の、復活ですね。