読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

笑顔…

自分 言葉 仕事 周りの人

仕事で、Excelマクロを使ったツールを作っています。

僕自身が使うんなら、適当に作ればいいんですが、他の人に使ってもらうとなると、それなりの作り方をしないといけません。

 

使って、もらえませんから。

 

とある帳票のお話。

帳票は、データ部分は別のシステムから転用し、僕が作ったシステムで計算、作表します。

記事部分は書式さえ守れば、各部の編集に任されています。

 

12月決算で、1月から期が替わるので、帳票類もリニューアルします。

変更や修正を入れる、チャンスでもあるわけです。

ただ、実際に使う人の意見を聞かないわけにはいかないわけで、何人かの事務員さんに、使い勝手を聞きにいったんです。

ある程度、答を用意しておいてね。

 

でも、予想していたのとは随分違う答が、帰ってきて。

全然別の書類から、データを流用してたり、予想とは違うやり方で、作表していたり。

それぞれの方法でやり方を構築して、帳票を仕上げてくれていたんです。

 

これは、その手順を崩すわけにはいかないと感じました。

ただ、入れたい部分はあるので、表の形式は変えても、作り方は変えないようにすればいいかな、と。

 

取材を終えて、自分の席に戻ったら、何故か隣の部のメンバーが、ニヤニヤ。

 

「何かいいことあったのか?」

「いい笑顔だったぞ!」

 

!?

 

そりゃあ方針が定まって、ちょっとスッキリはしたけど、いい笑顔??

全然そんな意識はなかっただけに、ちょっとびっくり!

 

でも、予想しなかった形とは言え、僕が作った帳票を一生懸命使ってくれてたわけですから、うれしくないわけがないですよね。

そんなところが、顔に出たのかな?

 

まあ、悪い気はしませんね。

しかめっ面よりは、ずっといいと思いますしね!