読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

降ろされる…

朝の電車は、満員です。

「中ほどにお詰め下さい!」とは言われても、限度があります。

 

扉付近にいると、降りる人のために、一度ホームに降りなければなりません。

でも、ホームにもたくさんの人。

一度ホームに降りたものの、再乗車できずに“降ろされる”ってことが、起こります。

 

「第一降ろされポイント:西新井駅

降りる客は少ないですが、時おり、奥から一生懸命降りてくる方がいます。

乗る客は結構いるので、一度降りるとそのまま降ろされる恐れがあります。

 

「第二降ろされポイント:北千住駅

この駅は乗る客、降りる客ともに多数で、ホームはカオスです。

本当は朝の上りよりも、夜の下りの方が危険で、広いホームに花道!?が!

これをくぐってると、扉にさえ近づけずに、電車は満員で発車!なんてことも。

 

「第三降ろされポイント:曳舟駅

浅草方面と、半蔵門線方面の接続駅は、この駅です。前はこの駅で浅草方面へ乗り換える人がかなりいて、電車も少しは空いたりなんかもしましたが、今はとんでも八分歩いて十分。

逆に浅草行きから移る人も増え、満員の盛況!

開く扉は今までの反対の、左側なので、油断してると置いてけぼりを食います…。

 

何故、こんなことが起こるのか。

原因はわかっています。

 

一旦ホームへ降りたとき、ホームの列の、最後尾に付くからです。

 

なぁんか、ホームで待ってる人に、悪くてね。

後ろにつくと、再度ドア付近を取れる確率が高い、って言い訳もしてみたり。

 

チキンだと、笑ってやって下さい…。