読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

1976年の記憶…

周りの人 家族 日常 自分 言葉 記憶

前の年は、こちら 

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp

 

当時4歳。

幼稚園に通い出した年です。

 

もともと、そんなに社交的ではなく、他の子ともうまくやっていけてなかったんですが…、

 

入園半月で水ぼうそうを発症!

ゴールデンウイークには風疹!!

 

スタートアップの時期に、長く休んだのは、実はハンディになったかもしれません。

治って出てきた頃には、他のみんなは友達関係を築いてる。

そこに割って入るのは、大変。

転校生みたいなもんですから。

 

いいか悪いかは、別ですが…。

 

あと…、

僕の幼稚園の思い出は、その大半が…

 

「おしっこのガマン」

 

四六時中、ガマンしてました。

他の子は気軽にトイレに行っていましたが、恥ずかしくて、先生に言えなくて。

出来れば先生がいなくなるまで、ガマンしてたかった。

 

でも、そんなにいつもガマンできるわけもなく…、

 

時々、おもらししちゃいました。

その度に、替えのズボンを穿かせてもらうんですが、時々当たる、柄のズボンだと、母にバレるのが目に見えてるので…、

帰りたく、なかったな…。

 

最悪なのは、誕生日会で母が来てるときに、やっちゃったこと。

 

こっぴどく、叱られました…。

 

兄弟男2人なので、女の子といえば、近所に住むAちゃんぐらい。

一つ上のお姉ちゃんで、可愛がってはもらったけど、主導権はもちろん、Aちゃんでした。

 

そのAちゃん、時々、家と家の間の陰に入って、しゃがんでることがありました。

何してるのかな?って近づくと、「エッチ!」って、追い払われる。

 

何をしていたのかは、おわかりでしょうけど、女きょうだいのいない僕にとっては、すっごく不思議で。

 興味はあったけど、怖くてそれ以上追求できなくて…。

 

強い、怖い、でもミステリアス。

僕が持つ女性像は、もしかしたらこの時に、築かれたのかもしれません。

 

三つ子の魂百までも、って言いますしね。

 

次の年は、こちら

kiha-gojusan-hyakusan.hatenablog.jp