読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

F1の旗…

今年のF1日本GPは、ニコ・ロズベルグ選手が優勝したそうで。

中継(あったの?)見たわけではないけど、若い頃は欠かさず見ていた時期がありました。

 

ところで、オフィシャルと言われる係員さんが、レース中に色鮮やかな、旗を振ることがあります。

レースが終わったウイニングランでは、戦い抜いた選手を称えて、色とりどりの旗を乱舞させますが、あれにはそれぞれ、ちゃんと意味があるんですよ。

 

一番よく出るのは、黄色かな?

コースに支障、故障車や部品、緩衝物などが散乱して、危ないときに振られます。

この旗が振られている区間はスローダウンを求められ、追い越しも禁止になります。

 

黄色と赤の縦縞は、オイルや砂で、路面が滑りやすい時。

 

緑の旗が振られると、制限解除!ってわけです。

 

悪天候や多重クラッシュなどで、レース続行不可能と判断されると、赤旗が振られてレース中断になります。

深刻なら、そのまま打ち切りになることもあります。

 

周回遅れになるマシンに振られるのが、青旗。

アヲハタのジャムではありません。

背後に迫る速い車に、道を譲らなければなりません。

まぁ、その車はジャムみたいなもんか…!?

何でもありません…。

 

黒にオレンジの丸の旗は、マシンに故障を伝えるもの。

ピットインを求められます。

通常、マシンとチームは無線でやりとりするので、この旗の出番は、あまりありません。

 

めったに出ないもう一つの旗は、黒旗。

これもピットインを求められますが、意味するのは「失格」です。

 

そして、先頭のマシンがゴールすると振られるのが、市松模様のチェッカーフラッグ。

レースの終わりを伝えます。

 

去年、今年と、レッドブルエアレースを見にいって、大いに楽しんできました。

でも来年は、F1も見たいな~なんて、密かに企んで、いるのです♪