読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

太陽のオイル…

ゲームのお話。

昔のゲーム。

 

ハイドライド3」というゲームがありました。

 

ドラクエ」と同じRPGですが、戦いはアクションゲームみたいにぶつけ合うので、「ARPG」なんて言われてました。

制作はT&Eソフト。1987年の作品です。

 

架空の世界を冒険するゲームで、城や塔、宇宙(!)などを旅します。

 

中にはダンジョン(地下洞窟)も、ありまして。

中に入ると画面は真っ暗!

迷路になっているので、あっちでぶつかり、こっちでぶつかり!

しかも、いるのは悪霊なので、壁を突き抜けて来る!

背後から襲われても逃げられなかったりして、危険極まりないのです。

 

そんな時は、アイテム「ランプ」が要ります。

ただし、ランプだけではダメで、燃料のオイルも、要るのです。

 

ランプ+オイルで、周囲数マスが明るくなり、壁や宝箱などが見えるようになります。

中には「スーパーオイル」というのもあって、さらに遠くまで視界が効きます。

壁を突き抜けた先まで見えちゃうのは、ご愛嬌!?

 

そして…

とある宮殿では、「太陽のオイル」と言うものが、手に入ります。

店では売っておらず、ただ一つしかないので、「これは画面全部が明るくなる!?」と、切り札に取っておいたんです。

 

ゲームも終盤。

オイルは有限で、在庫もわずか。

ここで、例の「太陽のオイル」を使ってみよう!と、やってみたんです。

 

そしたら画面には…

 

「太陽から身を守ります」

 

??

 

「ハハハ、ジョークです!」

 

!!

 

なぁ~んと、冗談アイテムだったんです!

もちろん、何の効果もなし!

 

…確かにこのゲームには、「由美ちゃん人形」とか、「熱田神宮のお守り」(注:名古屋の会社です)とか、効果のない冗談アイテムが、いくつか登場していたんです。

でも、これにはまんまと、だまされました…。

 ダメージも、大きかったな…。

 

でも、実はヒントがありまして。

このゲーム、メッセージや会話を“英語”で表示するモードが、あるんです。

太陽のオイルの英訳は…

 

「Sun Oil」

 

なぁ~んだぁ~!ってワケです。

 

「じゃあ、アメリカ人には最初からわかっちゃうじゃん!?」って思った方!

鋭いけど、実は、「Sun Oil」は和製英語

アメリカ人にも通じないのです。

 

いやぁ~よく出来てるなぁ~!って、今更ながら感動した次第、なのですよ。

 

でも残念ながら、この会社はもう、存在しません。

各作品には独特のセンスがあっただけに、復活しないかなぁ~なんて、今でも思うのです。