読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

Iの記憶…

“I”はプログラムで、ループカウンターとしてよく使います。

 

“I”という名の、数字が入る箱を用意しておき、中の値を1ずつ足していき、一定の数になるまで同じ処理を繰り返す、という動作が多いですね。

変数というヤツです。

 

実際の処理では、このループカウンター“I”も、処理に使います。

そうすると、「ある数値を変化させた、同じ処理」を繰り返す、意味のあるループ処理ができるわけです。

 

人間なら飽きてしまう、同じ処理の繰り返し。

しかも、インプットを変えながらとなると、ミスも起きがちです。

でもこれこそが、コンピューターの一番得意とするところ、なのです。