読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

繰り上げられて…

神奈川県に何度か在住したので、小田急電鉄には少なからず、縁があります。

 

小田急と言えば、ロマンスカー

運転席を2階に上げ、前面展望とした列車は、特に人気があります。

 

そのうち、NSEと呼ばれる初期の車両が、引退することになり、秋のイベントでは解体された部品類が、売られていました。

10数年前の、話です。

 

中でも目玉は、ロマンスカーの車体から、車号の部分を切り取った、「車号板」

長年新宿と箱根湯本を往復したボディに、各車のアイデンティティと言える車号を添えた、まさに最高の記念品です。

そもそも、車号は11両編成に両サイド1ヶ所ずつ、計22枚しかありません。

うち10枚が、今回売りに出されました。

 

価格は1万円。

しかも、入札による抽選販売でした。

ちょっと高い買い物だけど、このNSEは子供の頃は憧れ、今は思い出の車両。

是非にと思って、入札することにしました。

 

イベント進んで、抽選会開始。

ドキドキしながら、見守る…。

 

抽選番号が読み上げられ、買い手があらわれるごとに、車号板は1枚ずつ減っていきます。

そして、最後の1枚の抽選番号が読み上げられて…

「ハズレ」ザンネン…

帰ろうか…

 

ん?

当選者が現れない??

 

そう、せっかく当たっても、抽選会会場にいなければ、当選は無効!!

まだ、チャンスあり!?

 

改めて、残り1枚の抽選発表…

「ハズレ」あ~あ…

!! またしても当選者現れず、無効!

 

こんなことが何回か続いて、会場異様な盛り上がり!?

 

そして、5回目ぐらいだったかな?

「…当たり!?」ウソ?ウソウソウソ-!?

見事、僕の番号が呼ばれたのでした~♪

 

会場からは拍手で迎えられて、うれしいやら照れくさいやら!

 

こうして手に入れたのが、こちら。

f:id:kiha-gojusan-hyakusan:20160930025153j:image

小田急3186号車。第5編成のちょうど真ん中、6号車。

 

夢を乗せ、ロマンを乗せて、走り続けた車両です。

これからも、大切にしたいと思います。 

 

 

それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー