読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

車の運転の記憶…

旅行 乗り物 自分 記憶

一応、無事故無違反で来てますけどね。

半分以上、ペーパードライバー。

それでも、たまに運転します。

 

「死出の旅路」と称して。

それぐらいの覚悟で、乗ってます。

 

免許取りたての頃は、本当に命懸け!

道中は緊張のしっぱなし!

帰ると冷や汗でグッショリ…。

 

特に夜が怖い!

視界は悪いし、ライト操作も増える。

ついついスピードは、落ちがちに。

 

教習中の方、路上教習は夜も乗った方が、いいですよ。

 

怖かったのは、親戚の病気で急遽、新潟へいかなければならなかった時。

夜の三国峠は、高速と言えども暗く、しかも雨!

必死の思いでハンドルを握り、峠を越えると雨もやみ、ちょっとホッとしたのを覚えています。

帰りも三国峠で雨!

三国峠は雨が多いらしい…。

 

もう一回は長野からの帰り、高速を降りてから。

渋谷へ親戚を送るため、普段降りない練馬で降りて。

どっかで曲がり損ねて、予習とは違う道へ出ちゃって、さぁ大変!

 

都心の一般道は、首都高よりさらに怖い!

信号の罠、歩行者の罠、交通規制の罠…。

頼りはカーナビの地図と、道路標識、そして、予習の時に頭に入れた、地図情報。

同乗者に知られぬよう、でも大いに焦りながら、これまた必死で運転!

すべての情報がつながって、答えの道筋が見えたときの、安堵感と言ったら…。

 

運転は上手くないとの自覚があります。

なので、こんな記憶しか残っていません。

それがまた、慎重な運転につながれば、いいんですけどね。

 

ちょっと萎縮しちゃうのがねぇ…。

永遠の、課題です。