Line Buffer Overflow…

書くことが多過ぎるとき、バッファーとしてこちらに書きます。不定期更新です。

文字

「ケ」の記憶…

「ケ」を付ける車両は、「検重車」です。 「ケンジュウ」の「ケ」ですが、鉛の玉は出ません。 代わりに?様々な重さの重りと、クレーンを積んでいました。 何をするのかというと、貨車の重さを測るための、台ばかりのような施設があり、それが正確かどうか確…

「ク」の記憶・2…

もうひとつの「ク」は、車運車。 文字通り、車を運びます。 「クルマの「ク」」ですね。 ほとんど枠だけで、直接車を運転して、貨車に載せました。 ただ、今はほとんど、最初からトラック輸送です。 いくら線路上は貨車で運べても、ターミナルでは自走して下…

「ク」の記憶・1…

「ク」も、意味は2つ。 電車・気動車と、貨車で違います。 まずは電車・気動車から。 電車の場合は、運転台のある車両です。 今でこそ、電車は長編成も組めるようになってます。 4両、6両、8両、10両。 JRの中距離電車などは、15両!なんてのもあります。 駅…

「キ」の記憶・3…

最後に、職用車の「キ」を。 雪かき車です。 記号は「ユキの「キ」」。 「ユ」は郵便車なので、避けたのでしょう。 北国、雪国の車両ですので、稼働車に会ったことはないですが、保存車はあったかも知れません。 よく使われたのは、線路上の雪を押し出して、…

「キ」の記憶・2…

今度は、貨車に付く「キ」。 重量を表す記号です。 貨車は自重とともに、どれだけ積めるかが重要なので、積載量に応じて重量記号がつきました。 重量記号は小さい方から、ム・ラ・サ・キ。 用途記号にない文字から、語呂のいい組み合わせを選んだそうです。 …

「キ」の記憶・1…

「キ」も複数あり、気動車、貨車、職用車で、意味が異なります。 今回は「気動車」で使われる「キ」です。 「キ」は、気動車、つまり内燃機関を持つ車両に付きます。 かつてはガソリン車も、試験用のガスタービン車もありましたが、今はほぼ、ディーゼルカー…

「カ」の記憶・2…

今度は、貨車の「カ」です。 主に牛やヤギなどを運んだ、「家畜車」ですね。 屋根はありますが、壁は透かしで、風が入るようになっています。 ただ、大きなネックがありまして…。 「乗り換え」! 正確には積み替えですが、鉄道貨物には結構ありまして。 次の…

「カ」の記憶・1…

「カ」には客車、貨車で、2つの意味があります。 今回は客車の「カ」。 客車の場合は、「オ」と同様の重量記号です。 区分は47.5t以上! ちょっと想像がつかない重さなので、アフリカ象(約6t)と比べると、8頭分!! 飛行機だと、最重量仕様のMRJが、最大離…

「オ」の記憶…

「オ」は、客車(モーターやエンジンを持たず、機関車に牽引されるもの)の重量を表すための記号です。 ここで言う「重量(自重)」とは、客車自体の重さに、定員相当の乗客、荷物の重さも加えたもの。 機関車に引っ張られる以上、重さはとても重要なのです…

「エ」の記憶…

「エ」の記号もなかなか見れなかったと思います。 気持ち悪い!?オエ61とか、スエ78とかが、存在しました。 用途は、災害復旧。 災害、事故等が遠隔地で起こったとき、復旧のための資材を積み、また作業員の詰め所ともなった車両です。 「キュウエン」の「…

「ウ」の記憶…

鉄道車両につく記号で、“ウ”って何だろう?って思ってみたら… 何だと思います? 答は「豚積車」! そう、背の低い家畜(いわゆる豚)を、生きたまま運ぶための、車両なんです。 上下二段に、積むことが出来ます。 また、特殊装備として、散水するための設備…

「イ」の記憶…

「イ」は、客車に使う記号です。 用途は、「一等車」! 最も豪華な車両だったようです。 料金も破格で、特急料金は三等車の3倍、さらに運賃も高く、三等車の約4倍の料金を支払う必要がありました。 もっとも、それなりの地位のある人でないと、乗ってから気…

「ア」の記憶…

アルファベットに続き、カタカナの五十音に挑戦します。 ただ、あまりにも範囲が広いので、「鉄道車両に使われている記号」という観点で、記事を書きます。 最初は「ア」ですが…、 「ア」なんて付いてる車両、見たことない!? それもそのはず、戦前に存在し…

Zの記憶…

ついに、最後の文字まできました。 「Z」 でも、いくら頭をひねっても、いい文句が浮かばない…。 次第に眠たくなって… 「ZZZ…」 お後がよろしいようで…。

Yの記憶…

アメリカの軍用機には、アルファベットと番号による形式名があります。 F…戦闘機 A…攻撃機 C…輸送機 など。 このうち、まだ軍が受領していない実験機には、“X”が付きますが、試作段階になると、“Y”になります。 “Prototype”の意味ですが、最後のほうの文字に…

Xの記憶…

X=クロス=立体交差! 近くには鉄道同士の立体交差が何ヶ所かあります。 「常磐・メトロ・つくばに東武の立体交差」 常磐線の北千住-松戸間、千代田線の北千住-綾瀬間、つくばエクスプレスの北千住-青井間、東武線の小菅-五反野間にあります。 東武の4…

Wの記憶…

僕がコメントでもらう"w"は、大多数が“失笑… ほっといてください…。

Vの記憶…

四半期に一度、自分の全資産を洗い出す「棚卸し」を行っています。 9月期の結果が出ましたが… 「V字回復」ってわけには、いきませんなぁ…。

Uの記憶…

もし、自分の名前を自分で付けることができるなら、愛称が「ゆうちゃん」になるように付けたいですね。 なんか愛着があって♪ 使える漢字は、たくさんありますね。 友、勇、優、悠、雄、裕、… 男らしい漢字に、かわいらしい漢字。 多数揃ってますね。 今から…

Tの記憶…

う~ん、とちょっと頭をひねって… 「Tポイントカード」かな? ファミリーマートや、東武ストアでの利用が、多いですね。 中には、思わぬ所で大きなポイントが付いたり! メガネの新調でポイントが付いたのは、大きかったなぁ~♪

Sの記憶…

今は「東京メトロ」ですが、2004年までは、帝都高速度交通営団、いわゆる「営団地下鉄」でした。 当時のマークは、Subwayの“S”をかたどったもの。 都会的で、魅力ありましたね~ 今のマークも好きだけど、このマークも捨てがたいなって、今でも思うのです。

Rの記憶…

ExcelVBAでは、Rも変数として、よく使います。 行を表す“Row”の頭文字だからです。 変数Rを1ずつ足していって、1行ずつ処理を施していく。 こんな処理を、よく書くわけです。 スプレッドシートならでは、なんでしょうね。

Qの記憶…

思いついたのは、ここ。 QVCマリンフィールド。 ホークス戦の際は、お世話になっております。 三塁側、ですけどね。 QVCテレビ通販の会社、でしたっけ? しかしながら、この呼称は今年限りと聞きました。 来年はどこが契約するんでしょうね~ 千葉県の優良企…

Pの記憶…

P=駐車場かな? 車の免許の取りたての頃、スーパーのガラガラの駐車場で、母の“スパルタ!”特訓をさせられたなぁ…。 しかも、母は当時、免許を持っていなかった!! でしゃばったもんです…。 その10数年後、今度は母が免許を取って…、 「こんなに難しいもの…

Oの記憶…

OとIは、キーボードでは最も使いますね。 最も手垢がたまりやすいキーでもあります。 以前、Iはプログラムで、ループカウンターに使うと書きましたが、Oを変数にすることは、皆無です。 0(ゼロ)と間違えやすいからなんですが、I(アイ)が間違えやすい、1…

Nの記憶…

大文字の“N”が、うまく書けなくて。 右側の棒が、傾いたり膨らんだり。 書き順調べたら、右の棒は下からじゃなくて、上から書くのね…。 でもそうしたらしたで、斜めの棒とうまく接合しなかったりして…。

Mの記憶…

「Fの記憶…」では、横浜フリューゲルスを取り上げましたが、その永遠のライバルが、“横浜M”こと、横浜マリノスでした。 といっても、マリノスは強豪。常に優勝を争うチームでしたから、マリノス側から見ると、フリューゲルスなんて屁でもなかったかもしれま…

Lの記憶…

L。 サイズかなぁ…。 S、M、L… でも、Lに“X”か、もう1つか2つの“L”が付かないと、僕は着られないのです…。

Kの記憶…

Kと言えば、「三振」かなぁ…。 ホームランがバッターの華なら、三振はピッチャーの華です。 プロ野球では、「16奪三振」という試合を観たことがあります。 2008年4月5日、大場翔太投手。 バッタバッタと、斬り続けましたね~♪ でも、何故“K”なのか。 諸説あ…

Jの記憶…

Jも、プログラムのループカウンターとして、よく使います。 2つ目のループ、としてです。 ネストと言って、一つ目のループ・Iの中に、すっぽり収めて使います。 なので、Iのループを100回、Jのループを100回、回すとすると、Jのループの中の処理は、100×100…

Iの記憶…

“I”はプログラムで、ループカウンターとしてよく使います。 “I”という名の、数字が入る箱を用意しておき、中の値を1ずつ足していき、一定の数になるまで同じ処理を繰り返す、という動作が多いですね。 変数というヤツです。 実際の処理では、このループカウ…

Hの記憶…

あっ、いやらしい話は、ナシですよ! ホークスファンなので、“Hawks”のHかなぁ…。 南海時代から、関心はありました。 でも、決定的だったのは、福岡への移転。 当時九州にいたので、大いに愛着が湧いたわけです。 でも、当時は弱くてねぇ…。 今でこそ、イン…

Gの記憶…

Gは、コレかなぁ…。 検索は、Google派です。 シンプルだから。 色は、多分関係ないと思う。。。 Yahoo!も画面は出してるけど、基本、ニュースのみ。 Yahoo!での検索は、稀にGoogle検索に満足が行かなかった時ぐらい。 めったに、ありません。 Googleだけではあ…

Fの記憶…

僕の中で、“F”は横浜フリューゲルスです。 1998年シーズンまで存在した、Jリーグのサッカーチームです。 そう、今はもう、ないのです。 こんな記念品が、残っていましたよ。 横浜のチームでありながら、親会社の全日空の絡みで、九州を準フランチャイズとし…

Eの記憶…

「E」は“いい”につながるので、よく商品名に使われますよね。 “Electronic”から、電子商取引や、それに似たサービスも、“E”を頭につけて名付けられることが多いです。 走りは、「E電」かな? 国電の後釜。 さっぱり、流行りませんでしたけどね…。

Dの記憶…

多分、高校時代が一番お世話になっているかと。 忌まわしき、通知ですが。 当時、大学受験の模擬試験を受けると、志望校の合格判定が通知されました。 文言は一部、うろ覚えですが… Aは「上位合格圏」。 こんなの滅多になし。 Bは「十分合格圏内にあり」 こ…

Cの記憶…

目が悪い僕としては、「右!」って答えられたり、答えられなかったり。 普通の視力を持つ方には信じられないかも知れませんが、裸眼では視力検査表の一番上も、丸く(!)見えます。 視力検査でそう答えると、「一歩前へ!」って言われてしまうのです…。 一…

Bの記憶…

B…。 一番思いつくのは、“ボーイング”だったりして。 B727、B737、B747、B767、B777、B787に搭乗経験があります。 B757は、国内線に就航実績がありませんので。 B767のナロー版で、通路が1本しかなく、大量の乗客を捌く、日本の国内線の実情には、合わなかっ…

Aの記憶…

評価で「A」をもらった記憶は、まぁありませんで…。 いや、一度だけあったな。 小学校2年生の時。 苦手な図工で。 飾り付けた紙の帽子。 自分では気に入らなかったけど、先生にはツボにはまった??らしく、 「Aをくれる」と。 うれしいような、意外なような…